コインランドリー経営は失敗しやすくて副業に向かない?成功する方法は?

rapture_20170606054943

Sponsored Link

今回は前々から気になっていたコインランドリー経営について

本当に儲かるのか?初心者でもできそうなのか?成長産業など?

などが気になったので調べてみました!

 

コインランドリーを経営する?

コインランドリーはお金がない学生が利用するものだよね?

はい、僕も一人暮らししているときに家に洗濯機がなくて週2回とかまとめて持って行って利用していました(笑)

今でもたまに洗濯物溜まってしまうと乾燥機などもついているのでコインランドリー行ったりしますが、

そんなに人がいるイメージではありません。

じゃあ今何が熱くて注目されているのでしょうか?

 

コインランドリーの数は増え続けているらしい

僕の家の周りではコインランドリーは3,4店舗が固定であり、

結構長く続いているみたいなので新規さんなどはいない印象なのですが、

実は厚生労働省から出ている「コインオペレーションクリーニング営業施設」の調査結果というものがあり

それによると

rapture_20170528124540

引用元:LBM

実は年々増加傾向にあり毎年300~500店舗ずつではありますが増え続けているみたいです。

 

利用する人は誰?ターゲット層を見てみよう

上でも書いた通り

全く無知の人間が思い浮かべると学生とか銭湯の横の帰りに寄る人とか

後は梅雨以外は特に需要ないのでは?

 

と思いますが、今一番ターゲット層として見込まれているのは

30代~40代の主婦の方がメインになっているみたいです。

 

理由としては【共働き】というのが大きいので社会進出しているキャリアママ

という方たちがターゲットになっているみたいです。

 

・平日働いているときは晴れているのに、いざため込んで週末まとめ洗いを。。という時に限って雨だったり

・せっかくの休みがすべて家事、洗濯で終わってしまう(;´Д`)

そんな悩める主婦を助ける手段として大活躍しているのが

コインランドリーみたいです。

 

うちのドラム式洗濯機も

 

何か詰まると修理代に1万円とか2万円とか飛んで行ったり水漏れしたりもするので

そこら辺の問題も解決できるのがコインランドリーなのかな?

と感じています。

そうすると家の洗濯機いらなくない?近くに店舗があれば買わなくても済みそうですね(笑)

 

【コインランドリー投資のススメ】コインランドリー経営が熱い理由7つ

Sponsored Link

これは実際にがっちりマンデーにも出演されていた、

コインランドリーフランチャイズを展開されているマンマチャオの社長さんである

三原淳さんの本【コインランドリー投資のススメ】に記載されていた

コインランドリー経営が副業として熱い理由として挙げられていましたので一覧にしてみました(`・ω・´)

①人件費がかからない

確かに

②特別の知識を必要としない

フランチャイズの場合だと見たいです。

③粗利率が高い

原価は確かに洗剤と水道光熱費だけなので、機器トラブルがなければかなり安いみたいですね。

④成長産業

これは先にも挙げた通り共働き需要からスタートしていることみたいです。

⑤流行、すたれがない

地球温暖化で雨が降らなくなったらすたれそう

⑥競争相手が少ない

これについてはどうなの?と思いましたが、

ビジネスは適度にライバルがいて、適度に知名度がないと

オンリーワンすぎるものって無名すぎて需要すらないといいますから今はまだ乗れるタイミングだと思われます。

⑦機械は最低でも20~30年は使える

調べてみたところ、現在業務用の洗濯機を扱っている会社が5社くらいあり、

水洗機 150万円~

乾燥機 100万円~

水洗乾燥機 250万円~

引用元:オフィス用品の教科書

 

というお値段設定なっていて

法定耐用年数は7年となっているみたいですが、実はメンテナンスで軽く20年くらい使えてしまうとのこと。

海外では40年くらい同じ業務用洗濯機が使われている所も多いみたいで

大統領何代にもわたってその力を惜しみなく発揮している洗濯機もかなりあるみたいです。

 

初期投資としては確かに高いですが、大切に使ってあげればそれ以上の力を発揮してくれるんですね(=゚ω゚)

 

①人件費がかからない
②特別の知識を必要としない
③粗利率が高い
④成長産業
⑤流行、すたれがない
⑥競争相手が少ない
⑦機械は最低でも20~30年は使える

という7つのメリットがあるみたいです。

フランチャイズ会社さんなのでいいとこどりということもありますが、

すべて間違っているわけではないので結構本当の事多いかもしれませんね。

 

コインランドリー経営のデメリット?トラブルだらけの運営事情

何事にもトラブルはつきものではありますね。

コインランドリーもその例外ではなく、

  • 洗濯をして回している中にいたずらでおしっこを入れられた人がいた
  • 下着が足りない
  • 洗濯終了後一向に取りに来ないので出して使おうとしたら持ち主と鉢合わせした
  • ポケットの物が出てきて機会に挟まった
  • 夜遅くまでやっているので色んな人のたまり場や寝床になっていることもある

というお客様側トラブルも多々ある様子で、

24時間営業の場合だと、夜中にトラブルが起きた場合はその都度電話が鳴ったりもするらしく

トラブルにどのように対応していけばいいのかというのも加味しながらなので

実際、不労収入や副業という考えでやることは難しいのかもしれないと感じました。

フランチャイズだとコールセンターで対応できるらしい

コインランドリーのトラブルが起きた際に真っ先に連絡が来るのが電話なので、

自分の電話をトラブル対応窓口にしておくと寝てるときや運転中でもかかってきたリ

イタズラでかかってきたりなどもあるみたいです。

 

しかしフランチャイズ契約で展開しているとお客さんとの1次対応を

コールセンターが行ってくれるらしく、

自分で専用のトラブル対策を講じれない場合はフランチャイズ経営のほうがいいみたいですね。

 

 

フランチャイズからスタートする方がいい理由まとめ

上のコールセンターの件もありますが、

その他にフランチャイズで始めるといいこととしては、

  • 運用ノウハウがわかる
  • 物件選びも手伝ってくれる

というところもフランチャイズのほうがいい理由としてありますね。

 

守破離なので学んで壊して離れるを何もわからない業界で実行するなら

まずは師匠や先駆者を探すことからのほうが良いというのもあります。

 

コインランドリー経営は副業がいい理由

これはコインランドリーだけではありませんがビジネスをやるときには何事も資金がかかりますね!

(0円のものあります!)

ですがその際にすぐお金を準備できるかといえばできるとは限りません。

 

そんな時は借りなくてはいけないのですが、

その際の審査はやはり安定収入があるほうが通りやすいのがあります。

(もちろん会社が副業を許してくれればの話ではあるのですが)

 

あくまで副業ですよ?と言いながらしっかりがっちり稼ぐプランを立てるのはアリですね(笑)

資金が足りないからこそ、副業というスタイルをとるのがベストと言えます。

 

まったく資産がない状態で「よし!独立だ!」という風に意気込んで

熱意だけで貸してくれる場合は相当あなたに魅力がある場合ですので

フランチャイズじゃなくて、魅力を出す方法を教えたほうが儲かるかもしれませんよ?

 

コインランドリーの失敗は殆ど出店場所という事実

コインランドリーは主婦向けが今のメインということからわかるように立地なども

  • ファミリー層がよりやすい
  • 1週間分のまとめた洗濯物を運んできやすい

という条件から

現在は車が置けるというのが最重要な条件となっているみたいです。

 

一番いいとされているのはショッピングモールとかスーパーの一角での運営で

駐車場が複合されているので便利なのもありますね。

 

しかし

ショッピングモールでは買い物メインの人で満車となってしまった場合は

全く利益が生まれない

という状態になってしまったり、

 

洗えないなら複合していない場所に行こうとなってしまう場合もあるみたいで

機会損失にもなってしまうみたいですね。

またそれ以外にも

  • 不潔
  • 店内が暗い
  • 空気が悪い

などなど清潔感が足りないと感じられてしまうとどうしても

洗うのも避けられてしまうみたいで、失敗の要因になってしまうみたいです。

 

逆に言えば

立地条件をしっかりシミュレーションして

清潔にかかわるものを減らせば失敗は回避できる可能性が高そうですね。

 

ランニングコストや初期費用が唯一のデメリット?

上での立地条件から見ると

店舗の面積も重要ですが、それと同じくらい重要なのは駐車場の広さになってきそうです。

もしその地域のファミリー層が多ければ駐車場、導入機器を多めに初期投資してもいいですが、

 

大きく作った割にそこまで人が来ないとなると、経費だけがかさんでしまいますね。

でも最低限といわれているのは

  • 土地20~30坪で畳にすると40~60畳分
  • 機械10台~15大
  • 駐車場7~8台

で大体1200万円~2000万円くらいといわれています。

副業での初期投資としてはなかなか高額と思われます。

スタートまでの壁はちょっと高いかもしれませんね。

 

独立開業の関連情報

カフェを開業経営したい!資金や資格など失敗を避ける7項目

2017.05.20

 

これからのコインランドリー経営は独立副業に向いてるのか、向いてないのか?

  • コインランドリー経営の市場
  • ターゲット層
  • 経営のメリット
  • トラブルとデメリット
  • コインランドリーは副業スタートがいい理由

などについてご紹介させていただきました!

最近だとおしゃれコインランドリーということで内装をおしゃれにしたりしている

店舗も増えてきて、需要もそうですが、その空間にいるだけで癒されるというスペース提供も

できる可能性があるコインランドリーはまだ参加するなら全然間に合うかもしれないですね!

Sponsored Link

rapture_20170606054943

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です