【脱サラしたい!】成功させるたった1つの方法って何?

Sponsored Link

会社が嫌だ!「脱サラしたい!」

しかしいざ会社を辞めるとなると、生活とか周りの目とか色々気になってしまいますよね?

では実際に脱サラをして成功させるにはどんなことをすればいいのでしょうか?

 

【脱サラとは?】意味や方法

  • 上司が嫌だ!
  • 仕事がつまらない。。。
  • もっと自由な時間が欲しい!
  • このまま一生働いて終わるなんて。。。
  • 社会の歯車になりたくない!

 

会社から辞めて独立。脱サラリーマンを意味する「脱サラ」(脱しろ!サラリーマン!タイトル的な感じかと思ってました( ・`д・´))

どんな理由でもいいですが、

「自分の時間を自由にとって、自分のやりたいことを仕事にする」

これだけでストレスフリーで明るい人生が開かれた気がしますね(∩´∀`)∩

 

 

しかし今は大学生の時から起業を考えたり、会社に勤めながら独立を考える人が増えたりして

独立群雄割拠の時代ともいわれています(この前がっちりマンデーで森永さんが言ってましたw)

 

そんなところに元社畜の人間が入っていくことなんてできるのでしょうか?

 

脱サラのメリット・デメリット

Sponsored Link

脱サラをする前に、まず脱サラのメリットをご紹介させていただきたいと思います(/・ω・)/

 

メリット1:自分のやりたいことができる(ストレスフリー)

人生の大半は仕事の時間に使われます。

その大半の時間をストレス満載、お金のために社畜になるという生き方をして過ごしたら、

死ぬ前に後悔が残るかもしれません。

 

一度きりの人生を後悔しないために自分のやりたいことを仕事にして生きていくことは

何よりの魅力です。

 

メリット2:好きな場所で仕事ができる

通勤なん言葉は皆無。自分の好きなところが職場にできますw

以前は与沢翼さんが筆頭と言われたネオヒルズ族という六本木で働くのがステータスと言われていたり、

日本のシリコンバレーと言われる渋谷区で働くというのも人気でした。

また脱サラしたんだから静かな田舎で働きたいという人も多いですね!

(元ネオヒルズ族 与沢翼に学ぶ稼げる人になるマインドを作成中)

 

メリット3:休日の設定も自分でできる

グレゴリオ暦で定められた1週間。

『月、火、水、木、金、土、日』

会社勤めなら週5働かなければいけない会社がほとんどですが、

起業した人は自分で好きな時間に働くことが可能になります。

 

週1仕事で週6休みなんてシフトもやろうと思えばできるわけです。

(そんなに休むと暇すぎて逆に仕事やる気になります(/・ω・)/)

 

以上のようなことがメリットとして言われていることですね!

では逆にデメリットは何があるのでしょうか?

 

デメリット1:売り上げを上げなければ収入は0円!

生きるため、食うためにお金は必須。

今までは会社で働いていたので毎月の給料日にはしっかり収入がありました。

しかし起業をしたということは売り上げがなければお金が入りません。

 

ローンや家賃などがある場合は稼がなければ支払予定日だけが決まっているのに貯金残高がどんどん減っていくなんてこともしばしば。。

(転職期間に遊んでしまってお金が無くなるパターンの限界がないバージョンですねw)

 

デメリット2:手続きを自分でやらなくてはいけない

開業届や確定申告、社員を雇うなら社会保険の手続きなどその他もろもろを自分でやらなくてはいけません。

(予算があれば社労士や公認会計士にお願いすると楽ちん(∩´∀`)∩)

 

デメリット3:ローンやクレジットカードが作れない!(メリット??)

起業して個人事業主になるとローンが組めなかったりクレカの申請が通らないというのは聞いたことありませんか?

まさにそれの状況になります!

ローンという言葉でだまされてますが、つまり借金できないというだけなので、

借金できなくなったから頑張ろう!という気持ちになれるメリット??

 

デメリット4:年齢制限(再就職も視野に入れるなら)

脱サラして起業しても成功率は

1年:40%
5年:15%
10年:6%
20年:0.3%
30年:0.02%

というシビアな数字になっているので、

失敗した時に再就職したいと考えている人もいます。

そうなってくると年齢的にできるだけ若いほうがいいのですが、

そもそもそれを考えているならまだ脱サラのタイミングではないのかもしれません。

 

それでも脱サラしたい!

メリットもありデメリットもある。

それでももし成功した時の人生は楽しいものになることは間違いありません。

では脱サラを成功させるためにはどんなことが必要なのでしょうか?

 

資金=貯金

起業資金として貯金が必要かと言えばそれはあなたのやりたいことによります。

今だと0円起業や1万円起業というものがありますが、目安としては

  • 独立店舗・・・200万から
  • フランチャイズ・・・300万円から
  • 移動販売・・・100万円から
  • ネット販売(転売)・・・10万~
  • 在宅ワーク(SOHO)・・・0円~(パソコンや必要なものがない場合は10万円~)

 

起業準備以外には生活費も必須で必要です。

しかしお金がありすぎると余分なことをやってしまう場合もあり、

僕の先輩だとFXや仮装通貨を初めて500万あった貯金が300万円ほどに減ってしまった人もいました。

 

貯金は多ければ多いといいますが、

多すぎるとちょっと無駄遣いしたくなってしまうこともあります。

貯金額よりは今の生活、仕事を変えたいという思いのほうが重要になってくるのかもしれません。

 

【業種】脱サラ起業の成功はこの2つから考えるといいよ

今の仕事を辞めたいだけで独立しても何をやっていいか分からない。

そんな時は「インフラ」と「困っている

この2つからサービスを考えてみるといいと思います。

 

インフラ

例えば通信や電機、今だと災害の対策などや今や家族の一員のペットに関するものなどは

今後もなくならないサービスになります。

その中でもまだない隙間産業を探すと素晴らしい起業アイデアになるチャンスがあります◯

 

困っている

人の困っているの中にはビジネスチャンスがたくさんあるというのはよくある話。

その困っているを探すには人に聞くというのもアリですが、

・自分で体験してみたこと
・実際に不便だったこと

この2つから探すと意外簡単にいいビジネスアイデアが浮かん出来たりします。

 

最近だと、民泊の荷物置き場がないことから生まれたモノオクという会社がまさにそれになります。

モノオクの公式サイト

自分の家の余っている部屋をレンタルに出すことができるサービスのモノオク。

地方の空き家なども利用方法がなくて困っている人も多いみたいで、

家を持て余している人も副収入が入るので重宝されているサービスみたいです。

 

ものが置けない人×部屋が余っている人

2つの困っているをつなげたことで新しいサービスが生まれたわけですね(/・ω・)/

 

人の困っている、自分が体験してみて困ったや疑問に思ったことをメモしておくことから始めましょう◯

 

失敗の原因や後悔しない1番安全な方法【副業】でテストすること

脱サラをする前に一番おすすめをしたいのが勤めながら副業をすることです。(`・ω・´)

副業だと本気になれぜず、失敗する人も多いといわれますが、

仮に起業に失敗しても戻ることができるし、

今だと副業を認めている会社も増えてきています。(政府が副業を推進しているのが関係している様子)

 

もし今の会社で副業が禁止されているのなら

副業可能な会社に転職するというのも手です◯

 

副業でビジネスが成り立つことを実感できてから脱サラが一番安全な方法になります。

ばれない副業!公務員、会社員、正社員が副業をするには?

2016.11.20

 

まとめ

「まさか自分が脱サラを考えるなんて夢にも思わなかった。」

昔は永年雇用が普通だった日本企業だけれど、いつ首を切られるかわからない現在。

仕事内容に不満があろうとなかろうといつかは独立しなくてはいけない時代が来るのかもしれません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です