冬の光熱費節約術は平均金額といくら変わる?一人暮らし節約術

rapture_20161120132608

Sponsored Link

節約しようと思えば節約できるのが光熱費!

でも本当に節約しても効果あるの?やってもほんの少しでしょ?

と二つに意見は分かれますね!

では実際平均金額からどれくらい変わるのか冬の節約術の効果を調べてみました○

冬の光熱費の平均金額はいくら?

冬になるとどうしても訪れる寒さとの闘い!

暖房をつければ。。お風呂に入れば。。

と毎回やっていると結構大変なことになっていたりしますよね?

夏もシャワーや冷房を使ったりなどして結構かかったりということはありますが、

どのくらい違うのでしょうか??

  • 一人暮らしの平均ガス代

冬:4,155円

夏:2,407円

  • 一人暮らしの平均電気代

冬:7,365円

夏:2,010円

  • 一人暮らしの平均ガス代

冬:4,950円

夏:2,088円

全部比べてみてわかるのが冬のほうがけっこう高いですね!

特に電気代に関しては圧倒的に高いです○

冬の光熱費節約術どれくらい違う?

Sponsored Link

夏より冬のほうが我慢できるからエアコンつけて!

という人は結構いますが、実際どちらかというと冬のほうが使っているというのがわかってしまいましたねw

夏だと地域によりますが、窓を開けたり、薄着をしたり、

汗ふきシートなどを利用すると意外に節約できたりしますが、

冬は窓を閉めても建物の外側が冷えていると家全体が冷えてしまいので

やはり暖房やシャワーの時間を多めにとってしまったりということが多いですね!

ここをもし節約をした場合料金的には夏冬関係なく20パーセントくらいは減らすことができるみたいで

一番高い電気代が5000円~6000円くらいにまで抑えられることになり

全体で見ると3000円~4000円くらい浮かせることができるみたいです○

節約は何をすればいいの?

では実際何を節約すれば料金を減らすことができるのでしょうか?

エアコン、暖房は使い方

  • エアコンや暖房は大きいですね。使用しない月は4000円以上違いました。

という意見があるようにこの2つを暖房器具を全く使わないと月4000円くらい違うみたいですね!

暖房などに関しては学校で温まってくるや運動して温める、毛布にくるまって温まるという方法もあるので

以外に節約できるみたいです!

ただ帰ってきて直はどうしても体の芯が冷えてしまっているので必要だと思いますので

暖房を使ってもいいかもしれませんね!

また温度調整をして使うよりは最初に一気に温めて切るという風にしたほうが暖房器具は電気代がかからないので

高音で短時間で使用するのがお勧めです○

シャワーの節約

一番早い温まり方としてはやはりお湯に入るということですね!

1番簡単なのはシャワーを使う、お風呂に使うということですが、

最近だとシャワーだけでというアメリカ式のシャワースタイルもはやっていますよね○

しかし実はシャワー代というのはお湯を沸かすガス代と水を使う水道代の両方にダメージを与えるもので

15分使用するとお風呂一杯分の水とガスを使っているのと同じことになります、

シャワーヘッドを節約型のやつに変えると寒いしどうすればいいのか。。

そんな時におすすめなのがお風呂を沸かす方法です○

目に見える水の量では多いですが実際メーターが動いて

節約できにくいのはシャワーのほうになります。

お風呂満杯までためなくてもいいのでそこはペットボトルを入れるなどをして水かさを増したりして肩までつかり

温まることができるので

体を芯から温めることもできますので最適です○

食事代

なんといっても食事代が一番料金がかかりますよね!

自炊と外食、自炊のほうがお金かからない!といいますが実際やってみるとわかるのですが、

お弁当や料理を作るとなってもうまい具合に節約ってできないものです(; ・`д・´)

結局どっこい!みたいになってしまったり少しオーバーしてしまったり。

そうなってくるとコンビニおにぎり2個だけとかで節約したりするんですが、やせたね~!

とか痩せようと思っていないのに栄養が偏っているせいで痩せてしまったりなんてことも結構あります。

ではどうすればいいのか?

冬には冬ならではの節約方法、鍋料理を使いましょう○

保存ができ、1回で何食分かを作り置き、冬場で腐ることが少ないので

1回で2食分が作れたりしてお財布にも優しく、節約でき一石二鳥になります○

おすすめは業務用の鶏肉と豆腐を買ってきてキムチを入れたり、するのが意外に安くて、おなか一杯になるのでお勧めです!

電気はなるべく夜の割引時間帯に使う

電気代がいつも割引で使用できる時間帯があるのを知っていますか?

その時間帯というのが午後10時~午前8時の時間帯。

rapture_20161120161212

引用元:節約部

この時間帯だと基本的に割安というか半額くらいで利用できるみたいですね!

他の家庭だと一通りすべて終わってみんなでくつろいでいる時間か、

子供がいる家庭なら寝かしつけているような時間ですね。

10時から電気代を使うと半額で済むということで、10時までは時間をつぶして

10時以降に帰ってきてお風呂、夕食、ゲーム、読書などいろいろやるということも節約できるコツです○

10時までの時間つぶしとしておすすめなのはジムに行ったり、カフェで読書したりするなどでつぶすといいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は冬場の節約方法の光熱費の節約方法についてご紹介させていただきました!

これから冬本場ということで、デートや新年の準備などでお金がかかるところのために、

節約をしたり、将来のことを考えて貯金をするというのもありますね!

思い立ったが吉日!

早速初めて見るのもいいでしょう○

Sponsored Link

rapture_20161120132608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です