がっちりマンデー!【月間食堂注目!】坪月商50万円の怪物飲食店一覧

Sponsored Link

毎回同じみの「月間食堂」編集長の通山茂之さんが送る?

注目のでの月商50万円怪物飲食店をご紹介していただけるとのことなのでまとめてみました(/・ω・)/

 

がっちりマンデー!坪月商50万円の怪物飲食店

ということで2015年から続いている坪月商シリーズの第3弾!

昨年だと注目だった儲かるフライヤー業態ということで注目の天ぷらや素揚げのお店をご紹介してくれましたね!

 

その時初めて飲食店を成功させる秘訣のF/Lコストについても学びました(*‘∀‘)

果たして今回はどんな儲かり飲食店が登場してくるのでしょうか??

 

前回、通山編集長が紹介してくれた儲かるフライヤー業態の店舗に関してはこちら(/・ω・)/

がっちりマンデー!女性人気な儲かるフライヤー業態で飲食業で起業?

2017.05.28

 

飲食店が儲かるためのF/Lコストとは?

Sponsored Link

前回、通山編集長が紹介してくれた、

飲食店が儲かるために重要な『F/L』についておさらいをしたいと思います(/・ω・)/(忘れてしまったのでw)

F/Lコストとは
F=FOOD(食べ物の原価)
L=Labor(人件費)
で原価と人件費を抑えれば飲食店は儲かる!

ということで、飲食店だけではなく、ものを売るとなった場合にとても重要になってくる、

原価と人件費を以下に抑えるかが利益を最大化するためのポイント、飲食業界なら食べ物でfoodと労働Laborの頭文字をとって

F/Lコストということでしたね!

 

最低限利益が出るパーセンテージですが

  • 70%でいいね
  • 60%ですごい
  • 50%でやばい

前回登場した店舗では最高が49%とオーナー自身もえぐいといってしまうほど抑え込まれているものでしたw

 

これなくして飲食店の成功はないそうなので、

もしカフェとかやりたいなど考えているなら気にしてみるといいかもしれませんね!

 

坪月商50万円の店舗一覧

一坪=約3.3平方メートル。およそ畳2畳分の広さになるわけですが、

家賃としては地価によって変動するとはいえ

  • 丸の内・大手町・・・40,000円
  • 銀座・・・30,000円
  • 六本木・・25,000

少し電話や動画を見すぎた通信料くらいの価格。

 

この広さで月商50万円を超える飲食店舗とはどんな店舗なのでしょうか?

(放送後に追記)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です