GACKTのマレーシア移住の家はしょぼい?ビジネスや名言が魅力的過ぎる!

rapture_20170418203241

Sponsored Link

ミュージシャン兼、アーティストでありながら、その肉体美とワインのテイスティングなど

様々な場面で活躍を見せるGACKTさん!

そしてなんと5年前からマレーシアに移住していたということでも話題ですよね?

今回はそんなGACKTさんのマレーシアでの生活や考え方名言についてみてみたいと思います!

 

GACKTのマレーシア移住後の家はしょぼい?どうして移住したの?

GACKTさんのマレーシアでの生活が公開されたのは4月16日日曜日の『人生で大事なことは◯◯から学んだ

内で初めて放映されていましたね!

 

GACKTさんは5年前から海外移住をしており、その場所はマレーシアの首都でクアラルンプール

というところで

日本人が一番海外移住したい先にも選ばれているみたいで、

実際に物価などもマレーシア産の食事系や生活系ではかなり安く水道費なども日本だと1か4人で3000円くらいなのが

マレーシアだと300円くらいにしかならないのだとか。。。

 

そして平均年収になるのですが日本円で180万円ほど都のことらしく

日本の平均年収400万円で生活するとかなり裕福な暮らしができるということみたいですね(*‘∀‘)

 

そしてこちらの世界の年収400万というTV番組内で紹介されていたことも新しいと思いますが

マレーシアは世界のビジネスの金融の中枢になる?ともいわれているシンガポールへも歩いて行けるということで

ビジネスをするにも困らないということで、

ビジネス(仕事)にも生活にもすごく優遇された国としても言われていますね!

世界の年収400万!ポルトガル、シンガポール、台湾の生活は?

 

そんなマレーシアに住まれているGACKTさんですが

現在マレーシアで1700㎡くらいの家に住んでいるのだとか

rapture_20170418063546

引用元:ノマドリズムのブログ

でかい??

1700㎡(平方メートル)といわれてもどれくらい??

となってしまいますが、日本の家の平均的な一件の広さが100㎡

スカイツリーの足がついてる土地の広さが大体2000㎡くらいらしいです!

 

ということとで普通の家の17倍でスカイツリーよりちょい小さ目!

という感じなのがGACKTさんの家の広さみたいですw

 

もともとはオーストラリアの建築デザイナーさんが設計した

デザイナーズ物件みたいな感じだったらしいのですが、取材時は改装中だったみたいで

中の映像はなかったですね(後日番組あてに写真で送られてきたのだとか。。。)

 

GACKTさんのコメントからすると、「外だから」ということらしく

家なのに外??

ということで

rapture_20170418065123

引用元:dmcdn.net

説明ですとドアを開けたらすぐ吹き抜けでプールが真中にあったりバーがあったりするみたいです。

星野リゾート的な感じでしょうかね?

なんかエロいイメージしかわかないデザインで007とかゴシップガールの撮影セットみたいw

 

でも壁ないってもはや家の役割果たしているのか??

とも思ってしまいますね!

 

しかしこれだけ広ければまったり過ごすことはでき、

ストレスとかの発散やリラックスには最適そうですね○

ストレス社会ではやはり寿命が縮んでしまうといわれていますからね。。。

 

実はGACKTさんも今までの自分の人生を豊かにしたいと思いいじゅした一人らしく

「30代のころは仕事がしてなくて、人生振り返った時に何も残っていなかった。

思い出に残るもう少しゆっくりした時間をすごそうとおもって選んだ」by GACKT(ちょい脚色)

ミステリアスな印象が深いガクトさんでも混んな事思ってるんですね。。。

キャラ大変そう(`・ω・´)でも面白いからいいですね!

 

住んでいる首都KL(クアラ・ルンプール)とは?治安は安全なの?

Sponsored Link

日本人が移住したい国1位であるマレーシア。

物価が高いけれど、今現在世界一の注目の発展途上を続けるシンガポールへも歩いて行けるということで

チャンスも多そうなのですが、治安の方はどうなの??

ということで調べてみると

強盗の数が日本の24倍になるということで、

 

物の管理をしっかりしておかないごっそり持っていかれてしまうみたいですね!

 

しかし実際行かれた方の感想や、住んでいる方の意見ですと

夜も普通に歩けるし、早朝歩いても平気で、何よりごはんがうまい!

とのこと。

世界中の万国共通でやはりごはんがおいしいというのはおおきなステータスですよね!

 

また多民族国家ということで、世界各地の料理が国内で食べられるというところも魅力的なところらしく、

食生活楽しみすぎると太ってしまいそうですねw

 

多民族国家ということで言葉どうするの??

となりますが、英語一つあれば事足りるということで英語何となく喋れれば暮らせるようです。

 

クアラ・ルンプールでGACKTが行く場所とは?

GACKTさんが週1回は通うという「パッチバンサーショッピングセンター 」というところがあり

 

まぁアウトレットとかショッピングセンターなのですが、

毎週ナッツを買いに来るということなんですけど

ナッツをなんと2万円分も購入されるということです!?

確かに体を意識して低糖質ダイエットでありますけどね!

 

ナッツ2万円分って。。。物価易いって言ったのにここまで買っていると

相当な量が買えそうですね。。

 

1日の食事回数1回!?筋肉キープの低糖質食事とGACKT的食事の考え方

実はGACKTさんは、年齢43歳らしいのですが、筋肉とかで有名ですよね?

それを実現している食生活がこのナッツと1日一食の食事制限とトレーニングなんだとか。。。

 

1日1色なんておなか減って死んじゃいそうになると思いますが、

なれてくると平気ということなんです。。(いや、無理)

 

「あと何回食べれるかわからない食事を、本当にいいもの以外取りたくない」

ということみたいで、もちろんドカ食いも炭水化物も抜きなようです。

 

昔どこかの脚本家さんが「ちまちまものに使わないで本当にいいものに使って経験しなさい」

とほかの人と同じ体験じゃない体験をしろということでおっしゃられていましたがそういうことだったのか??

ちょっとの贅沢を繰り返すより、

1回でいいものを入れたほうが経験も増えるし、人生も豊かになりそうですね!

 

GACKTのサイドビジネスは不動産屋?HUB of ASEAN the KLとは?

GACKTさんはクアラルンプールでビジネスパートナーで

実業家でTRAD INTERNATIONAL GROUP 代表の池田諭と二人で

GACKT & IKEDA ASIA BRIDGEPARTNERz」という

マレーシアの移住に関してのサポート会社を経営されているのだとか

 

11年連続で移住したいランキング1位のマレーシアですがやはり初めてだと。。。

という不安がいっぱいだったGACKTさんを5年前にサポートしてくれたのが池田さん

らしく、その不安な気持ちを少しでも和らげる手伝いをするという目的で

会社経営を行っているのだということです。

「日本人は英語外国語を話すことに対してすごく抵抗持っているじゃない。
この国は皆が外国人なんだよ。英語を使わないとコミュニケーションができないから、
みんな一生懸命英語を使う。下手かどうかではなくて、伝えようとする意思が大切。
そう言った意味でも英語初心者にとってこの国は凄く向いていると思う。」

移住したい国として上がるのも

英語初心者の方でもちゃんと生活できるというところがやはり魅力的なのでしょうか??

 

また番組内では、GACKTさんの会社が実際扱っている物件を

林修先生に、3億円のプール付きの豪邸を提供できると提案されていました

rapture_20170418184936

裸で立つこと想像しすぎですねw

3億円の物件などを扱っているということでかなりがっちり収入も得て居そうですが、

年商などはわかりませんでしたね。。

 

GACKTのグローバルな考え方と名言。固定概念が壊れた出来事とは?

GACKTさんはマレーシアの生活で固定概念がぶっ壊れた出来事があったらしく

それは、あるマレーシアのスポーツジムで、

懸垂のトレーニングマシーンの前で、腕立て伏せをしている男性がいたらしいのですが、

その男性に懸垂をやりたい人が、

「懸垂をやりたいからそこ使わせてもらっていいかな?」

と聞いた人がいたんだとか、

 

そりゃ懸垂マシーンの前で腕立て伏せをするならどいてあげるのが普通だと思いますが、

腕立て伏せの人の回答は「NO」だったらしいんですw

 

でその回答を聞いた懸垂をしたい男性の返答は「OK」とにこやかに答えたらしいんですw

 

普通に考えたらっていうのはそれこそが固定概念であって日本で当たり前の常識が、

世界では当たり前ではないかもしれない。

多国籍国家であるマレーシアで「共存するためにはお互いを認め合うこと

を学んでそれを意識しているというのが現在のGACKTさんらしいです〇

 

見方を変えると常識こそが非常識ということ。

もし今どうしてということでも見方を変えれば別の答えが見えてくるのかもしれませんね!

Sponsored Link

rapture_20170418203241

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です