がっちりマンデーの花畑牧場やシェーキーズなど【あの店は今】?

Sponsored Link

今回はがっちりマンデーの【あの店は今】ということで

地方限定の激うまスイーツで有名だったあの花畑牧場や

食べ放題で有名なシェーキーズは果たしてどんなジョブチェンジをしたのかをまとめてみたいと思います(`・ω・´)

 

がっちりマンデー2017年7月23日【あの店は今】

一大ブームでTVでも引っ張りだこ、

いつも大賑わいの「あのお店、あの会社」がいつの間にかいなくなってしまってから早幾年。

 

今はやりの物もいつ終わるかわからないですよね?

しかし

1つの成功は次の成功を、1回の成功体験があればまた新しく成功をすることができるはず!

ということで今回ピックアップされた「あの店は今」では

北海道の生キャラメルで名をはせた田中義剛さんが創業した花畑牧場

元祖格安食べ放題サービスともいえるシェーキーズさんがピックアップされていますね!

 

どちらも学生のころから馴染みがあるものなのですが、確かに今ではとんと噂を聞かないですよね?

しかしがっちりマンデーに取り上げられているということは何かでがっちりしているはず。

 

果たしてどんなことで現在がっちりしているのでしょうか???

 

花畑牧場とは?今現在はのがっちりポイントは?

Sponsored Link

引用元:花畑牧場wikipedia

花畑牧場とはもともとミュージシャンやラジオパーソナリティをされていた

田中義剛さんが創業され生キャラメルで代表的な会社さんですが、

 

商品販売以外にもカフェやレストランなども展開していましたよね?

全国各地に店舗があったのですが、実に23店舗ものお店が閉店となっています。

 

今だと楽天市場などのネットショップしか見かけないですが、

はたしてどんなことでがっちりしているのでしょうか?

 

花畑牧場の現在の儲かりポイント

花畑牧場では現在

  • 生キャラメル
  • 月に30万個の売り上げ
  • チーズ
  • お菓子
  • 豚肉の加工品

などの商品で利益を得ており、

 

生キャラメルに至っては当時1種類しかなかったものが

現在北海道の花畑牧場限定の生キャラメル極みというものを合わせて

10種類にまで増えているとのこと。

 

しかも毎月の売り上げは60万個と大行列というわけではないですが、

がっつり安定して人気ブランドのまま顕在しているらしいです。

 

痒い所に手が届く戦略

先ほどの生キャラメルだけではなくチーズやお肉の加工など

でもそれぞれヒットを飛ばされているみたいで

 

特に大ヒットなのが飲食店向けの加工がいらない業務用チーズらしく

  • 温野菜
  • 俺のイタリアン

などの

バイトの人でも調理なしで対応できるチーズを提供しているらしく

実に全国6000店舗に卸していらっしゃるのだとか!

 

さらにはローソンのコンビニスイーツのタルトに関しては

すべて花畑牧場さんで制作されているみたいです(*‘∀‘)(毎週買っている人も多いファンがおおい商品ですね!)

 

でもそれって大手でもできそうじゃない??

と思いますが、実はそれが差を生むポイントらしく

 

花畑牧場の売りはなんといっても機械でのライン作業ではなく職人さんの手作りということ

 

機械ならできないような適度なサイズや店舗で求めている商品など

人の手だからこそできる加工をすることで、

 

大手企業の手が届きにくい。

いわゆるかゆいところに手を届かせる戦略こそが現在の花畑牧場さんの戦略とのことです○

 

 

花畑牧場のTVから消えたのは戦略「メディアを使わない、儲かる戦略」

儲かってるのとメディアに出てくるのは違う』と森永さんはおっしゃられており、

その言葉を実行しているのが花畑牧場さんで、

実は現在メディアに出ていないのは田中さんが考えた戦略だったみたいです。

 

田中さんが生キャラメルブームで学んだのが

スイーツはアイドル

ということだったらしく

 

1商品だけだと売り上げの波があまりに激しいということで

あえて商品をアイドル化しないことで波を抑え、

さらに商品の多様化をすることによって

 

1つがダメでも次の!みんなで伸びようぜ的な戦略に路線変更したことで

現在は安定かつ収入も伸び続けているみたいです。

 

 

 

シェーキーズとは?今現在のがっちりポイントは?

引用元:シェーキーズ

シェーキーズ行ってもカレーばかり食べてましたw

はい学生の味方で吉祥寺に行ったときは毎回行っていたのがシェーキーズ。

 

スパゲティ、ポテト、カレー、ピザなどが食べ放題で、

お値段1000円台からという最強コスパだったのですが、

確かに一時よりお店が減った印象です。

 

でも、そんなに衰退したという印象はないのですが、

変化なき所に成長はない、

もとより変化がないと会社としても面白くないですし、飽きられてしまいますよね?

果たして食べ放題のシェーキーズからどんな業態に進化しているのでしょうか?

 

シェーキーズの現在は?

シェーキーズの売りはランチでピザが食べ放題だったのがもともとの始まりでしたが、

現在もリーズナブルで食べ放題のファミリーレストランとして現在大人気とのことです(/・ω・)/

 

シェーキーズの紆余曲折

シェーキーズはもともと店舗数90店まで拡大しさらに成長を。。。

 

というタイミングで実は

ティラミスのブームとともに本格イタリアンブームが到来したこと

さらに宅配ピザの登場によって

 

リーズナブルピザを売りにしていたのに、

他でも食べられるようになったことで店舗数が激減

2000年には17店舗までに減ってしまったそうです。

 

ターゲット層変更で学生だけでなくファミリー層向けに

こんなもう風前の灯火といわんばかりの状態で運営会社が

ロイヤルホストさんで有名なロイヤルグループさんに切り替わり

 

今まで学生や若い社会人向けだった業態を

一変してファミリー層向けの戦略に変更したことで現在がっちり(`・ω・´)することに成功したみたいです。

 

 

おかげで現在1店舗当たり年間1億3800万円の売り上げがあり

17店舗から少し回復して22店舗とまた上り坂に入ってきている段階みたいですね(*‘∀‘)

今日のランチはシェーキーズで決まりでしょうかねw

 

ウェンディーズの現在は?日本撤退したんじゃないの?

引用元:tubox.com

ずいぶん前に日本からの撤退を発表して、ウェンディーズロスをみんなと堪能したことを覚えており、

100円バーガーと、チーズソースのポテトがファーストフード業界の内では一番好きでした。

 

撤退後、1度原宿の表参道にお店1店舗だけで来たということで食べに行きましたが、

現在はすでに潰れてしまっており、もうないのかと思っていました。

 

しかし現在ウェンディーズを調べてみると

どうやら、同じ業態のファースト・キッチン(通称:ファッキン)さんと

シェイクハンズ(コラボ)ということをしており

ウェンディーズ×ファースト・キッチンということで新たにお店を出しているみたいなんです(/・ω・)/

 

都内の店舗数だけカウントしたら14店舗もあったので、

実はもう復活の狼煙を上げている??

新しいチャレンジというわけではありませんが、果たしてどんな進化を遂げているのでしょうか?

 

ウェンディーズの現在はコラボレーション店舗業態

実はもともとウェンディーズはダイエーグループが始めていましたが、

親会社さんの運営悪化のあおりと、ライバル店などの波によって

2009年に一度日本を撤退してしまいました。

 

しかし2011年に運営会社が変わり

そこにドミノピザを日本で流行らせた外食チェーン輸入のスペシャリストとして

 

アーネスト・M・比嘉会長

を起用したことで状況を買えようとしたみたいです。

 

比嘉会長がとった戦略/シェイクハンズ

しかしスペシャリスト比嘉会長を起用してもなかなか業績回復が見込めなかったウェンディーズさん。

その問題は2つあり

  1. 好立地の出店場所が見つからなかった
  2. 売りががっつりバーガーしかなかった

 

この二つの壁により再上陸してもなかなか業績が上がらない状態が続きました。

しかしここで比嘉会長が行ったのがファーストキッチンとのコラボ店舗をテスト的に実施でした

 

これを行ったことでのメリットは

  1. すでに好立地で出店できている
  2. メニューが女性受けのあっさりからハンバーガー以外にスパゲティなどもある

 

という2つの課題をいっぺんにクリアできるもので

さらにウェンディーズのファンとファーストキッチンのファンが同時に集まり

お客さんもいっぺんに増やすことができる

一石三鳥の戦略だったみたいです。

その結果現在前年比で30%~60%の売り上げを続けているほどのがっちり(`・ω・´)

 

がっちりマンデーに学ぶ起業アイデア

がっちりマンデー!儲かる新商品展示会in東京ビッグサイト2017

がっちりマンデー!女性人気な儲かるフライヤー業態で飲食業で起業?

がっちりマンデー!儲かるマニアック食品スーパー?ピカール、カルディ、TOMIZなど

 

まとめ

今回はがっちりマンデーの、「あの店は今」ということでご紹介させていただきました!

本日3店舗を見てわかった共通点としては

  • 1商品に頼らず選べる商品を増やす
  • ターゲット層を家族、学生、お年寄りとすそ野を広げる

一つに頼らず、手広くやる

これが安定して収益を伸ばしていくポイントみたいですね!

 

起業しても1年で半分は潰れてしまうといわれている現在の日本の起業事情。

 

1度成功すること自体が難しいと言われている中で

さらに成長していく起業家の考え方を学べる30分だったと思います(`・ω・´)

起業したいけどアイデアが浮かばないという時はこちらを参考にしてみてください(^ω^)

【起業アイデア2017】個人事業でも始められるネタ21選

週末起業の起業アイデア・ネタ14選【永久保存版】(たぶん生き残るもの)

ではまた次回(`・ω・´)

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です