がっちりマンデー!女性人気な儲かるフライヤー業態で飲食業で起業?

Sponsored Link

今回のがっちりマンデーは飲食業界でも注目のフライヤー業界に関しての

注目情報になりますね!

果たして現在注目のフライヤー業界の成長株とはどんなものがあるのでしょうか??

 

がっちりマンデ―フライヤーを制する者は飲食店を制する!

今回飲食店業界を紹介してくれるのは以前も

  • 原価率140%でメニューミックスな居酒屋でもがっちり
  • オペレーション圧縮型”でがっちりな「かき小屋ランドリー」!
  • 原価率55%でもがっちり!“トータルコスト圧縮型“焼肉店「六花界」!

などなどをご紹介してくれた月刊食堂編集長である通山編集長が今回も厳選してくれた

フライヤービジネスでがっちりしている店舗さんということで

個人的にフライヤーは大好き!(その分走り込まないといけないのですが)

ということで内容をまとめてみました!

 

喜久や(恵比寿の立ち飲み天ぷら屋)

Sponsored Link

恵比寿にある立ち飲みの天ぷら屋である「喜久や」さん!

rapture_20170528191708

 

2個200円~食べれたりするリーズナブルさが受けておしゃれの代名詞恵比寿でも大繁盛されているみたいです。

料理長は初心者?ドクターフライを使うと1人で回せる!

天ぷらというと、職人さんが技を駆使して衣のバランスや、具材の切り方などに

こだわると思われますはが、

喜久やさんはなんと料理人が1人で回しているということ。

 

しかも初心者で一人で回しているみたいなんです(/・ω・)/

 

それを実現しているのがドクターフライというフライヤー。

rapture_20170528080307

 

この機械何がすごいかというと、

1分間に何度も振動をすることによって、

誰でも職人張りの味の天ぷらを揚げることができてしまうという優れもの。

 

また衣が破けないので他の天ぷらもいっぺんに上げてしまっても大丈夫

ということで、普通だと1つ1つ分けてあげなければいけないものでも

 

 

いっぺんに揚げることができるので、

スピーディーでリーズナブルに商品提供ができてしまう

という優れものみたいです。

 

女性に人気の理由は珍しさと値段設定

実はドクターフライのおかげで今まで天ぷらにすることができなかった

絹豆腐や大根なんていう新しい天ぷらも揚げることができるようになったということもあるみたいですが、

その新しさと天ぷら業界で実は今まで存在していなかった値段設定に秘密があるみたいです。

 

天ぷら業界は

  • 高級店 1万円以上
  • チェーン店800円くらい

と2極化していたのですが、実は3000円~4000円という

高いと感じるラインと、ちょっと贅沢しよう

という2つの欲求を満たせる値段設定が存在していなかったのだとか。

 

しかし喜久やさんはそこの値段をびしっとかなえる値段設定になっており

また最近はやりの立ち食いスタイルということで

余り長居はしないけれどしっかり食べてくれて回転率もいいというバランスを兼ね備えたみたいです。

 

新しいものと、適正な価格設定とのバランスで

女性客の心をがっちりつかんで月商1000万円越えということです(`・ω・´)

ドクターフライとありそうでないものに目を向けられるかがポイント!

 

京都 勝牛

予告動画で出ているフライヤーで唯一わかるのがこの

京都 勝牛さんですね!

ここいつも並んでいて1つの値段も1000円以上なんですがいつも並んでるなーと気になっていたので

がっちりマンデー出てくれてうれしいです!(^^)!

rapture_20170528053305

引用元:京都 勝牛

最近ちょくちょく都内の方で見かけるようになってきた印象ですが調べてみたところ、

全店舗数47店舗で

数が多い県ランキングだと、

  • 1位 東京16店舗
  • 2位 大阪12店舗

ということで気付いていないだけで都内歩いていると結構見かけられるみたいです。

 

ここのお店今まで新宿西口、渋谷2店舗みましたが

ランチ時いつも並んでるし、夜も並んでいる印象です。

 

揚げ物なのに提供時間が60秒の秘密

カツとかって注文してから来るまでの時間って結構かかりますよね?

実際店舗でもそれがネックらしく

注文してから上げ始めて終わるまで7分もかかってしまうのが普通みたいなんです。

 

しかし勝牛さんはミディアムレアでも食べられるお肉と衣を薄くすることにより

注文してから60秒で提供がされてしまうというスピードのため回転率が売りみたいで

1時間で25回転もするほどの速さみたいです。

 

新宿でよく並んでいるの見かけているのですが

そんなに並んでお昼休憩間に合うのかな?

と思っていたのですが間に合ってしまうみたいです(´◉◞౪◟◉)!

 

今まで誰も始めなかった牛のカツはどうして?

京都:九条ネギ・赤だし味噌
牛肉:黒毛和牛ロース・サーロイン、US産ロース肉(ハネシタ)使用
米:国産米使用

引用元:京都 勝牛

とんかつはよくありますが、牛カツは今までほとんど見たことありませんよね?

実はそこには原価がかかわっているらしく

牛をカツにすると仕入れ値が1枚2000円以上になってしまうらしく、

どうしても提供価格が上がってしまうため、ランチ時に出す値段ではないということで嫌煙されていたみたいです。

 

しかし勝牛の社長の勝山さんは

  • サムギョプサル
  • ステーキ
  • ホットドッグ
  • ハンバーガー

というお肉ジャンルでは成功を収めるお肉のスペシャリストらしく

大量仕入れをして1枚の原価を1500円以下にまで下げることに成功したのだとか

 

珍しい牛カツと、スピードで月商1800万円とかなりがっちりされているみたいです!

 

素揚げや(ちょっと珍しい揚げ物で大繁盛)

東京小岩駅にある席から離れたちょっと珍しい揚げ物店として素揚げやが登場

rapture_20170528083806

素揚げは北海道にはあるが、関東には少ないというのがポイントらしいですね!

F/Lコストが低い

素揚げやさんは珍しいメニューで、この小さなお店で年商3500万円とがっちり稼がれているみたいです!

でその秘密はもちろんメニューでもあるのですがF/Lコストというものを抑えているらしく

F/Lコストとは
F=FOOD(食べ物の原価)
L=Labor(人件費)
で原価と人件費を抑えれば飲食店は儲かる!

ということらしく

  • 70%でいいね
  • 60%ですごい
  • 50%でやばい

らしく

先に出た喜久やさんは52%

さんは勝牛55%ということですごいとやばいの間ですが

素揚げ屋さんは49%と飲食業界ではかなりの利益取みたいな営業方法らしいです!

 

次に来る?儲かるフライヤー業態

森永さんが次回来るのでは?と言われていたフライヤー業態は「まぐろかつ」でした。

築地とか漁港に行くとあるみたいなのですが、仕入れや作り方などで壁があったみたいですが

現在は、ドクターフライヤーなどでもわかるように技術が進歩したので、

これから伸びるかもしれないということですね!

 

まとめ

  • 喜久や
  • 勝牛
  • 素揚げや

ということでご紹介させていただきました!

今回のことでわかったのは、

細かい隙間や悩みが多くて導入できないポイント、

またはその地方では少ないものを導入することがビジネスチャンスになるということですね!

来週は展示会でのビジネスアイデア事ですので見てみましょう(/・ω・)/

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です