がっちりマンデー!六本木ヒルズに入る儲かる企業一覧!

がっちりマンデー

Sponsored Link

今回はがっちりマンデーに六本木ヒルズに入る儲かる企業が出てくるということみたいです!

六本木ヒルズといえば以前は元ライブドア社長の堀江貴文氏やネオヒルズ族と呼ばれていた与沢翼氏なんかも入っていたビルですね。

日本一家賃が高いともいわれる六本木ヒルズに入っている会社は果たしでどれくらい儲かっているのでしょうか?

 

六本木ヒルズのテナントに入っている会社一覧・家賃は月600万円~?

今回は六本木ヒルズに入っているのに以外に知られていない会社ということで紹介されていますが、

そもそもどんな会社が入っているのか知っているのか見てみましょう!

8階:Fringe81、アクロニスジャパン、グリー GREE, Inc.、グリー GREE, Inc.
10階:森ビル
11階:日本リージャス、SAS Institute Japan
12階:ポケラボ
12階、13階:グリー GREE, Inc.
14階:森ビル
14階:インベスコ投信投資顧問
15階:amaten、メジャース(Majors Inc.)、ギャラクシーエンターテイメント、スマートリンク 相生会、BPジャパン、グラニ
、IPsoft Japan、CIBC証券、トルコ共和国大使
16階:テレビ朝日
17階:ペンシル、Ganapati ple Tokyo、Live Person Japan (ライブパーソンジャパン)、ブレイン、アンジェロ・ゴードン・インターナショナル、カナフレックス、海外需要開拓支援機構、日本自動車整備振興会連合会、日本アイライフ
18階:ポケモン、キングストリート、メルカリ mercari、ーザワット – Zawatt Inc.、エス ES CORPORATION、ラクサステクノロジー、エアバスグループ
19階:コーチ・ジャパン、TMI総合法律
20階:ビッグモーター、Game With、Spring Professional Japan、Klab、中島ホールディングス
21階:BASFジャパン
22階:Klab、TMI総合法律
23階:アーキス外国法共同事業法律事務所
24階:TMI総合法律、モルガン・ルイス&バッキアス
25階:マイステイズ・ホテル・マネジメント、ノキア シーメンス ネットワークス、メルペイ (mercari merpay)、Gunosy (グノシー)
26階~29階:Google
29階:フォートレス・インベストメント
29階:コンソナント・インベストメント
30階:Google
31階:origami(オリガミ)
31階、32階:バークレイズ・キャピタル証券
33階:J-WAVE
34階:EGWアセットマネジメント、サイバーマーケティング、Riot Games ライアットゲーム、UUUM(ウーム) STUDIO、マルケト、イージフ、日本気象、シェブロン インターナショナル ガスインク、ライアットゲーム Riot Games、リアライズコーポレーション Realize Group
35階:IMPLEMENTATION、グライダーアソシエイツ (antena)、エージェント・スミス、テクノプロ・ホールディングス、エヌ・アンド・シー、本間ゴルフ
36階:Apple Japan,iTunes ,ファイルメーカー
37階:Hazuki Company ハズキカンパニー、プリペット、AT WORKS、NEZU ASIA、SPEED WELL、UUUM(ウーム)、One Tap BUY (ワンタップバイ)、フェラーリジャパン、シークェンス、プリヴェ企業再生グループ
38階:CROOZ、アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同
39階:バイドゥ  Baidu Japan (百度)、enish(エニッシュ)
40階:Apple Japan 、iTunes ,ファイルメーカー
41階:ゴールドマン・サックス証券、ノキアソリューションズ&ネットワークス
42階:森ビル
43階、44階:Google
45階~47階:ゴールドマン・サックス証券
47階:港債権回収
48階:ゴールドマン・サックス証券

家賃月600万といわれている以上といわれている六本木ヒルズこと森ビル。

グーグルやApple、メルカリ、ゴールドマンサックスやフェラーリなどは有名なども入っている森ビル。

 

子供たちのあこがれユーチューバーのUUUMやゲームウィズなどアプリ系の会社も入っており、その数実に100社ほど。

有名だから儲かっていない。いえ!有名でなく儲かっている会社こそ真の儲かり会社が隠れています!

六本木ヒルズに入ることができる企業とは果たしてどんなことをしているのでしょうか?

 

日本気象株式会社

Sponsored Link

六本木ヒルズ

引用元:日本気象株式会社

大阪に本社を置く日本気象株式会社は1985年からある会社で、その名前の通り気象予報に関してのデータやサービスを提供している会社みたいです。

雨や台風、落雷などもありますが、紅葉の時期の予想や、レジャーに関することにも生かされているみたいですね!

資本金は1000万円からのスタートみたいですが、インフラに触れているサービスなのでその需要は計り知れないですね。

 

カナフレックス

六本木ヒルズ

引用元:カナフレックス

カナフレックスさんはホースやパイプ、家具や建材などを扱っているメーカーみたいです。

ネットなどを使うための電力線などを扱ってもいるみたいで、

今の日本ではなくてはならないサービスを提供しているカナフレックスさん。

 

元ヒルズ族・ネオヒルズ族の方々の現在のビジネス

堀江貴文の経歴や現在の資産は?成功する起業の法則って?

2018.09.16

堀江貴文の儲かる商売の4原則!起業アイデアの発想方法

2017.06.03

 

まとめ

六本木ヒルズに入る企業はどんなことで儲かっているのか?

楽しサービスなどもありますが、やはりインフラに触れるサービスが地味でもなくならない事業になりますね。

最近だと災害なども多いので、災害対策のビジネスなども大変でしょうが注目かもしれません。

Sponsored Link

がっちりマンデー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です