配偶者控除見直しの開始日や変更点は?103万円からいくらになるの?

rapture_20161023092139

Sponsored Link

配偶者控除というと、

いくら以上稼いだら扶養から外れてしまいメインで働いている主の人が多めに税金をひかれてしまうから

ここまでしか働かない!と扶養が外れてしまう課税対象ぎりぎりまででストップしておく。という考えが

夫婦のどちらかがメインで働いているとありますよね?(子供がいる場合の扶養控除は別記事で書きます)

しかし今回、その扶養控除がされるという壁の103万円が見直しされてしまうということが起こります。

そうなってくるとどんな変化が起こるのでしょうか?

今回は「配偶者控除見直しの開始日や変更点、見直し後の金額」についてなど僕でもわかるくらいかみ砕いてみました!

配偶者控除見直しは2017年税制改革から?

2017年の税制改革からは配偶者排除の金額を見直すという話が8月30日に掲載された読売新聞などのインタビュー

で発表され今後の結婚している主婦で、パートやアルバイトをしている方の働き方に大きな変化が見られる可能性がある

(行われたら間違いなくある)ということが予想される事態が起こりましたね?(/・ω・)

これはつまりこんな事態になっているわけです。

配偶者排除でお父さん大変になる。

配偶者というと結婚していて夫婦もしくは子供も入れた家族になっている人が対象なのですが

今までは

お父さんが働いてお金稼ぐ、

お母さん働いてお金稼ぐ、

しかしお母さんは配偶者なので、法律上ではしっかり確定申告とかしておけば

38万円以上の収入がなければお父さんはお母さんを養っている。

つまりお父さんがお母さんを食べさせているからその分は

  • 所得税38万円(最大)
  • 住民税33万円(最大)

を排除してあげますよ(*‘∀‘)というお父さん税金が合計すると71万円も減るという

家計の味方の法律が配偶者排除という法律でした

(住民税に関しては33万円くらいがラインらしいのでほぼ免除されないので

実質は38万円くらい軽減されると考えてください○)

でその壁といわれていたのが103万円で103万円の壁とか聞いたことありませんか?

103万円まで稼いで良くて38万円の壁というのはよくわかりませんが

計算式があり、法律で給与所得控除というのがありお金を稼いでも65万円までなら0円とカウントします問ういうものがあるんです。

でここで103万円が出てくるのですが、

103万円-65万円=38万円!

つまり103万円の壁というのは給与所得でMAX引いて、さらに配偶者排除にぎりぎり引っかからない

最終ラインということだったわけです。

しかし今回この103万円の壁が崩れるということなんで話題になっていたわけですね~。

 

配偶者控除見直しの開始日や変更点は?

Sponsored Link

配偶者排除の見直しということだと103万円のラインが上がったり下がったりするのかと思いきや

有力なのは廃止されるのでは?ということみたいで、、

そうすると実質働いているお母さん、お父さんそれぞれに税金がかかるので、

お父さんは38万円増額、お母さんは働いた分だけ税金が取られるという感じになってしまうとのこと。

まぁ働かないよりはましですが、働く日を増やしても昨年と廃止前と一緒、

もしくはそれ以下という可能性がおおいにあるわけです。

一応廃止の目的としては

企業の生産性も上がり、女性が社会進出しやすくなる

ということで廃止が検討されているみたいですが。。。w

消費者にやさしくて働く人に厳しい国日本が働く人にさらに厳しい国になっていくといわれているわけです。

代わりの法律で「夫婦排除」ができる?

配偶者排除の代わりに新しくできるといわれているのが夫婦排除という

夫婦の収入に対して一定額より低かった場合いくらか排除されるというものができるといわれていて

それが代用品となるみたいですね。

ただ対象が共働きの夫婦ということが織り込まれており

  • 妊娠中
  • 育児中
  • 専業主婦

の方が対象に含まれていないということで難ありの制作ではないかという声も多いみたいです。

配偶者排除がなくなって夫婦排除の開始日は?

配偶者排除のための行動は阿部総理が2014年に「女性の就労拡大を抑制している」という発言から

本格的にに見直しが始まり今では「一億総活躍プラン」というもので

みんな働くべきという考えのかなめみたいなものになっているみたいですね。

確かに配偶者排除ができたのは1961年ということで今の時代にはずれがあるのも確かですが、

ただ今よりいいものかといえばそれはどうかというところですね!

というより最近だと女性やり手社長なども急激に増えており

活躍したい人は活躍をしているのに、それが性に合っていない人まで働かせようとしてるわけですから

見方を変えれば半分強制労働させようとしているという感じではあります。

働かない人が増えているともいわれていますが、でも働ける人が働かないのも。。。

難しいところですよね。

法律改正とこれからの働き方を知る

配偶者控除見直し150万円はいつから?デメリットや主婦パートの働き方はどう変わる?

2017年税制改正で副業が危機?確定申告20万円はいくらに?

まとめ

今回は配偶者排除について記載させていただきました!

今までの家計にどのように影響が出るのかといわれている配偶者排除の廃止。

どのように?今よりは働くチャンスが増えるし、日本が活発になるかもしれませんが、

働いても働いてもお金が減っていく気がする機会が増えると思われます((+_+))

Sponsored Link

rapture_20161023092139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です