林修の初耳学!ミニチュア写真家のアイデアや陸王レベルの新潟の職人の街はどこ?

Sponsored Link

うんちくではないですが、少しでも面白いことを話してみたい!

新しい知識をつけてみたい!という方にお勧めの番組。

林修先生の初耳学インスタで話題のミニチュア写真家や陸王レベルの新潟の職人の街が登場するということで、

古き良き日本と、ものづくりのアイデアを学んでみたいと思います(/・ω・)/

 

林修の初耳学

物知りの林修先生でも知らない!?

世の中にまだあまり知られていない情報を雑学交じりで紹介してくれる

トークバラエティ番組の初耳学。

 

今回のラインナップは

  • 新潟県のある街の地名をめぐる300年にわたる因縁の対決の歴史
  • フォロワー数90万人、人気ドラマのオープニング映像でも話題になったミニチュア写真家
  • 写真にきれいに写るためのマル秘テクニック
  • 薬の保存方法
  • 若者から絶大な指示を受けるコスプレヤー
  • 初耳白熱教室

というラインナップ!

 

一応ビジネスアイデアを学ぶためのブログなので、

上の中から使えそうなものをピックアップしました。

 

日本の職人技から、インスタを活用したビジネスなど

今回もいろいろなアイデアがいただける内容になっているみたいですね!

 

ミニチュア写真家『田中達也』の撮影アイデアとは?

Sponsored Link

インスタグラムでミニチュアカレンダーの投稿からスタートし、

ドラマ「ひよっこ」のOPなどでも街のジオラマを表現したことで有名な田中達也さんが今回登場!

 

田中さんは2011年から活躍されフリーとして働いていらっしゃるみたいですが、

ミニチュアのジオラマのアイデアのきっかけは元もと働いていた広告会社での

「面白いものを生み出そうという考えること」と「子供のころのないものを代用して使う」

という考えが混ざった結果生まれた作品見たいです。

 

ミニチュアのアイデアを考えるのは苦しい?

SNSでの毎日の投稿は今やフォロワーを集めるための王道にして最短の道です。

田中さんのミニチュア写真も毎日投稿されることでそのフォロワーを伸ばしていき、

その人気がドラマのOPに参加できるなどだと思われますが、

 

そんな毎日ネタ出ない。。

では田中さんはどんなふうにアイデアを生み出しているのでしょうか?

例えば冬といえば雪ですよね。そうすると、まず白いもの、雪っぽく見えるものを探そうとか、
クリスマスツリーをテーマにするときは、まずは三角のものをたくさん探そうとか、
目的をもってモノを見ないと見つからないです。

参照:かぎんネット支店

 

生活の中でちょっとしたものが使えるかもしれない!

と見ないとアイデアは浮かんでこない。

考え続けることとより多くの物を色んな方面から考えてみることが

作品アイデアにつながっているみたいですね!

田中達也さんのインスタはこちら

(放送後に追記)

 

300年の因縁の対決?新潟にある職人の街の地名とは?

新潟の職人の街といえば燕三条でしょうかね??

(放送後に更新予定)

 

まとめ

今回の初耳学も楽しみです(/ω\)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です