ジョン・ハンケとはwiki経歴!アイアンテックはポケモンGO大赤字?

Sponsored Link

今回は、googleの関連会社で、ポケモンGOで知名度が世界クラスになった

アイアンティックのCEOである、ジョン・ハンケさんについて

年収や、発想力、生い立ちなどについて調べてみました!

 

ジョン・ハンケとは

引用元:ポケモンGOまとめますたー

名前:John Hanke(ジョンハンケ)
年齢:49歳
出身地:テキサス州クロス・プレインズ
出身校:テキサス大学オースティン校を卒業後UC BerkeleyでMBA取得
職歴:Niantic, Inc. CEO
google 元副社長(Google Geoチームを統括)
Keyhole,Inc創業者・元CEO(2001年-2004年)
取締役会 googleなど

(ポーズが林修先生??)

ということで昨年ギネス入りするダウンロード数を見せたり

社会現象や交通や事故などでも伝説を残した色んな意味で伝説のアプリのポケモンGO。

 

ブーム後はもうダメと言われながら

1周年ということで、伝説ポケモンをリリースしたことでまたさらに大爆発を起こしている

人気アプリですが、

その制作をした会社である、ナイアンティックのCEOのジョンハンケさん。

 

プロフィールを見ただけでもすごいのですが

位置情報と、ポケモンを組み合わせたことでリアルポケモンの世界を完成させた

そのアイデアはどこから生まれてくるのでしょうか?

 

早速経歴などを見てみましょう(/・ω・)/

 

ジョンハンケの経歴

Sponsored Link

ジョンハンケさんの出身はテキサス州のクロスブレインという地域の出身

人口1000人ほどしかいない牧場経営者しかいない町の生まれでした。

(噂によると信号が1つしかないらしい)

 

テキサスというと何となくテンガロンハットとか闘牛的なことが思い浮かべられるので俳でしょうか?

しかしそんな牧場経営とは全く反対のITの世界に突入していくハンケさん。

 

実は子供のころからゲームが大好きで、

プログラミングを子供のころから覚えて自作のゲームで遊んでいたのだとか。

そんなテキサスでは畑違いだったハンケさんが暴れ牛を扱うかの如く彼の快進撃が始まります。

 

大学でMBAを取得!MBAって何?

テキサス大学オースティン校を卒業して

カリフォルニア大学バークレー校のMBAというものを取得されているのですが、

MBAって何??FBIの親戚か( ゚Д゚)?

 

ということでMBAとは何かですが、

MBA(Master of Business Administration)

企業の経営に役だつ実践的戦略や指導力などを学問として修得したことへの認証。
経営学修士と訳される。約2年の間に財務、会計、マーケティングなど40~60単位の修了を義務づけられる場合が多い。
欧米有名大学でのMBAは、その取得の難しさと、世界のビジネス界に広がる同窓生の人脈をも含め、
ビジネスエリートのパスポートと称される

引用元:コトバンク

 

ということで

海外の有名大学で取得したMBAに関してはビジネスパーソンのステータス。

持っていなければ参加できないコミュニティなどもあるみたいですね!

 

じゃあハンケさんの出ているカリフォルニア大学はどんな感じなのかというと

カリフォルニア大学
創立:1868年
キャンパスの敷地面積:1232エーカー(東京ドーム107個分)
合格率:18%
世界大学ランク:2017年10位(東京大学39位)

ということで世界が認めるトップ10の大学のMBAなわけです。

ちなみに日本人の卒業生として有名なのが

  • 孫正義さん(ソフトバンク株式会社)

 

つまり

ハンケさんが持っているMBAは超エリートビジネスマンのパスポートということですね( ゚Д゚)!

テキサス臭さが全く消えましたw

日本1の起業家の孫正義さんの詳しくはこちら(/・ω・)/

孫正義の年収や資産総額はいくら?名言を心得ればお金持ちになれる?

 

世界初の3DのMMORPG開発

ハンケさんはMBAを取得しますが、

子供のころからすきだったゲーム関係の仕事をしたいと考えました。

 

ちょうどそのタイミングで友達が立ち上げた「Archetype Interactive」

という会社に参加をします。

そして世界初の3DでのMMORPGである「Meridian 59」の作成にたづ触ります。

夢をかなえただけでもすごいですが、世界初の物を作ってしまうとは

さすがの世界のジョンハンケさん(`・ω・´)??

 

起業した会社がGoogleに買収された!『Google Earth』の誕生

「Archetype Interactive」で働いていたハンケさんは

経験を活かし「Keyhole,Inc」という会社を作り独立をします。

 

晴れて自分の会社を持つことができたハンケさんは

その2001年に「アースビューワ」という

地球全体の衛星画像や航空写真、標高データ、地図情報など6テラバイトもの画像情報を

高速処理できるサーバーを作り出し

世界最大級のCG学会であるSIGGRAPH(シーグラフ)で最高の金賞を受賞します。

 

しかし、ハンケさんの会社「Keyhole,Inc」はGoogleに買収されたことで、

現在はGoogle  Earth(グーグルアース)と名前を変えて現在利用され続けているわけです(`・ω・´)!

 

使わない人には使わないものですが、

 

僕は暇なときグーグルアースで道進んで遊んでいるので、

旅行した気分や海外旅行に行く場合など、治安が悪い地域を避けて安全な道を通りたい時の

事前チェックなどで利用している

ので、あって助かるなーと感じています(/・ω・)/w

 

ジョンハンケの行動力と熱意はスティーブジョブズを凌駕していた

グーグルの社員となったハンケさんですが、

担当はやはり位置情報を利用したサービスのgoogleマップ。

今現在ではiPhoneに常備搭載されているものではありますが、

 

当初は組み込まれる予定になかったのだとか。

しかしiPhoneにマップを組み込むように交渉を行った男がいました。

それこそがハンケさんです(/・ω・)/

 

今となっては常識ですが、

これがなければ、位置情報ゲームや、googleのサービスも他の会社に遅れを取っていたかもしれないですよね。

しかも交渉の相手は世界のスティーブジョブズ

誰に対しても臆しないハンケさん!( ゚Д゚)!でかい!

 

進撃のジョンハンケ!ナイアンティック誕生!

googleマップをiPhoneに入れることに成功したハンケさんの

やりたいことへの情熱は止まりません。

 

ポケモンGOの前に位置情報を使用したIngress(イングレス)を2012年に発明されるわけですが

しかし実はこのアプリはgoogleの中でははじめ認められておらず、

ハンケさん率いる少数メンバーが極秘裏に制作されていたのだとか。

 

そのときのグループ名が

1849年のゴールドラッシュ時に工夫たちをベイエリアまで運んだ船の名前から

Niantic, Inc(ナイアンティック・ラボ)と命名します。

 

極秘裏に進められたイングレスは大成功

各地でイベントを開催されたり、地域活性化として日本でもイベントがありました◯

 

ポケモンGOに見る地球上をゲームにするハンケさん

ここまで来たら誰も彼を止められないでしょうね(;・∀・)w

2012年から始まったイングレスですがポケモンGOは2016年。

 

実は2014年段階ではすでにポケモン×Googleマップの着想はされていました!

そのベータ版的な動画がこれです◯

ポケモンGOではないですが、この発想通りのことが実現されていると思います。

自分の夢だけではなくそれを望んでいる人の夢まで叶えてしまったハンケさん(いろいろ事件はありますが。。)

 

この成功はすべてハンケさんの物?

実はそこには数多くの情報をあつめてくれた方たちがいました。

 

イングレスのユーザーたちとクラウドソーシング

クラウドソーシングという言葉は最近はやっていると思います◯

簡単に言えばネット上でそれが得意な人に仕事を受注するというものですが、

実はポケモンGOもそれがしっかり利用されている最先端ビジネスでした!

 

ポケモンGOの場合には1個前にリリースした、イングレスのユーザーにお願いした

世界各地の名所や、名物品、建物の情報などを集めていただいたことで、

ジムや、ポケスポットが誕生したことで、人が集まる観光スポットや

地域活性化にも大いに利用されるようになったわけですね(・∀・)

 

ポケモンGOの今後の展開は?ミュウツーが出たらポケモンGOの終わり?

ポケモンGOの今後の展開については横浜でのポケモンGOスタジアムでのホウオウレイドが有力ですが、

それ以外に一番気になるのはPVにあったミュウツーがいつ出るのかということですよね??

 

しかし先日行われたシカゴでのイベントではサーバーダウンによりレイドすら行われないという事態が起こり

正直今の段階では横浜の一定地域に人を集めてレイドさせるのも通信障害多発思想で恐ろしいです。

 

でも思うところは

「ハンケさんの最終目標はやはり、ニューヨークの街中でみんながああなる様子を実現させたい」

のではないかと思うんです(/・ω・)/

 

とするとそれを実現するのはミュウツーで、

それ以外の伝説レイドはそれに耐えられる環境を作るためのテスト的な感じではないかとも思われます◯

 

僕もミュウツー欲しいですが、ミュウツーが手に入ってしまった時は

ポケモンGOの終わりだし、ハンケさんのやりたいことも達成される。

ミュウツー出てほしいような出てほしくないような。。。

 

まとめ

今回はジョンハンケさんの経歴についてご紹介させていただきました!

ポケモンGOは酷いやあの効果は幻など非難の声のほうが大きい気はしますが、

否定されることより、自分の夢を実現できないこと、やらないことのほうがダメ!

そんな行動力を持っている印象のハンケさんの行動でしたね!(/・ω・)/

今後のサービス展開なども注目です!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です