【起業したいと思ったら】起業とは何をすることなのかを理解しよう!

Sponsored Link

仕事内容や残業の多さから転職や自分の好きなことを生きるために起業を考える人が増えている気がします。

でもサラリーマンや学生からいきなり起業って本当にできるのでしょうか?

今回は起業をしたいと考えているあなた向けの起業とは何が必要なのか、

そもそも起業する意味とはなどについてご紹介させていただきたいと思います(*・ω・)

 

起業したいの前に「起業」って何すること?

起業と聞くと何かとてつもないことを行うことと思っている人は多いのではないでしょうか?

例えば孫正義さん、堀江貴文さん、山田進太郎さんなど、

世界を相手にしてビジネスをしている有名起業家・実業家の人たちがテレビで紹介されたり、

アメリカ大統領と謁見する時間をもらったりしている。

 

そんな雲の上のような存在なろうとしたいけれど

でも失敗すると「人生終わり!」などと考えてしまったり。。

 

でも実際あそこまで成功することが起業というのでしょうか?

と調べてみたところ、

起業=新規事業を立ち上げること=新しく何かを始めること

起業とは新しく何かを始めることを言うんですね!

チャレンジするということでもいいと思います(/・ω・)/

 

そう考えると誰でも起業(チャレンジ)はできる来ますよね?

でもその中でも大成功ではないにしても会社から独立して自分でマイペースに仕事をできるくらいにはなりたい。

 

つまり成功しやすい起業はどういったところに隠れているのでしょうか?

起業したい人は何人いる?資金やアイデア・起業家に必要な3つのこと

2018.09.24

 

人のことを考える(人の悩み、困ったの解決)=成功しやすい起業(ビジネス)

Sponsored Link

  • 物を売りたい
  • アパート経営したい
  • 何か新しいものを生み出して世界を動かす存在になりたい

そういった思いもあるかもしれませんが、

すべての成功には必ず必要としてくれる人がいることを忘れてはいけないです。

それは先日フォーブスジャパンより発表された日本の起業家ランキングを見るとよくわかりましたので

こちらでちらっと見ておくといいかもしれません(。-`ω-)

日本の起業家ランキング2018!今年の1位は誰?!

 

世界で一番良くても知名度には勝てない

とはいったものの人の悩みに気づいたり、まだないサービスをハックするのって

センスがないと結局難しいところ。

 

すでにあるサービスを越えて世界で一番のサービスを生み出せたとしても

そこには知名度というものが関係してきます。

 

武井壮さんの「大人の大学」の例で出させていただくと

  1. そのジャンルで世界最高にいいものだけれど、知名度がないもの
  2. そのジャンルでそこそこいいもので、知名度がものすごくあるもの

という場合どっちが売れると思いますか?

 

答えは2番ですよね?

最高のサービスであっても知名度がある物には歯が立ちません。

「自分のほうがいい音楽作れる」「こっちのほうが便利なんだけどな。。。」

そう思っても結局は知名度には勝つことができない分けです。

 

スティーブジョブズ式スモールビジネスの攻め込み方

じゃあ結局起業はまだ誰も知らない悩みを見つけ出すセンスがないと難しいってことか。。

 

確かに悩みに注目するのは成功する大きなカギですが、

学びではなく、今あるサービスを分解してビジネスにするという方法があります。

 

これを行った代表例として言えるのはあのスティーブジョブズさんです(/・ω・)/

一番わかりやすいのでいうとituneの曲のバラ売りです。

 

もともとアルバムやシングルといってもカップリング曲なども含めて

単品での曲購入ができなかったところに、当時5%しか利用がなかったMacの利用者向けに始めた

ばら売りのアイデアを持ち込んだ結果、今ではばら売り当たり前の時代になりました。

 

起業したいけど

  • 今ある大きい市場を小さく見てみる
  • 小さい市場だけれど知名度はある

なんてものを基準で探してみると攻め込める余地が生まれてきます。

 

成功率は?起業の成功ってそもそもどこにあるの?

起業したとして、それで生きていくとなるとどうしても気になってしまうのは成功するかどうかというところ。

でも起業の成功ってどこで決まるのでしょうか?

 

それは継続年数です。

 

続けられている=仕事が継続できている=成功

ということです。

 

決して大金持ちや有名起業家になっていなくてもそれで暮らせている時点で成功と言えるんです。

 

芸人や役者の成功だとそれだけで食べて行けていないので成功とは呼べないかもしれませんが、

起業の場合は続けられるのが成功と言えるし、

そこからコツコツ安定している事業を増やしたり、して無理のない事業拡大をすることができれば、

すでに続けるノウハウはあるので生き残ることはできるようになっています。

 

では現在の成功率ではどうなっているのかというと

1年:40%
5年:15%
10年:6%
20年:0.3%
30年:0.02%

引用元:Let’s Business

1年目で倒産、潰れてしまう会社が40%もあるんですね。。。(諦める!)

ちょっと待ってください!

潰れてしまうリスクが確かに高いように見えますが、これ少しおかしくないですか?

 

そもそも1年目で半分がつぶれてしまっています。

 

5年、10年で潰れてしまったという会社は、

今のネット社会の変化について行けなかったというのはわかりますが、

 

まず1年目で潰れてしまっているというのは

起業の準備不足が大きな原因として考えられます。(。-`ω-)

 

つまり準備がしっかりできていれば6割は成功できるということです。

では失敗しないためにはどんな事をしっかり準備すればいいのでしょうか?

 

起業で失敗する原因と成功するための4原則

起業しても1年も継続できない。

その原因を知るというよりはどうすれば起業して利益を得て継続的に収入を上げていけるのでしょうか?

これに関してはホリエモンこと堀江貴文さんが言われている

失敗しないビジネス4原則をご紹介させていただきます。

 

小資本で始められる

最近だと0円起業、1万円起業というものもありますが、

起業の前にも直後にも一番ネックになるのがやはり資金です。

余分な出費ではないのですが、

始めるための資金が多すぎる場合は、それだけでマイナス状態、

仮にその壁を越えたとしても1度でも客足が途絶えてしまえば倒産、廃業にもなりかねない一番大きな問題です。

 

在庫がない

これも資金と同じですが、先物投資でものを作ってもそれが確実に売れるわけではない。

売れない在庫を抱えてしまうと、お金をどぶに捨ててしまうのと同じことになるので、

なるべく在庫を抱える量、時間が少ないものがいいですね。

 

これに関してはトレンドをとらえるビジネスで多くネックになりやすい問題で、

一番わかりやすい例でいえばGUなどのファストファッションですね。

季節ごとで作るものが違い作りすぎると在庫が多すぎる、

少なすぎると利益を生む機会を失う。

 

このバランスが難しいところです。

 

利益率が高い

基本的には物を売った時の差額によって得ることができます。

安く買って高く売るの基本にのっとり、

いかに安く仕入れることができて、高く売ることができるのかを考えてみましょう。

 

毎月の定期収入が確保できる

正社員や公務員、派遣契約社員などはすべて会社から毎月お給料が支給されますが、

起業すると自分がトップなので、売り上げを上げないことには給料が入ってきません。

以上の4つが失敗しないために起業前にしっかり準備をしなくてはいけないポイントになります。

 

  • 小資本で始められる
  • 在庫がない
  • 利益率が高い
  • 毎月の安定収入が確保できる

以上の4つのポイントをすべて取り入れられているビジネスが最高のビジネスといわれています。

→現在この4つのビジネスを取り入れることができている起業アイデアとは?(工事中)

 

はじめの一歩?ビジネスをするのに必要なもの4選

失敗しない起業のためには準備しなくてはいけないものや、

成長させておきたい能力がいくつかありますのでご紹介いたします!

 

資金管理

自分の資金で始めることができればいいのですが、

多くの場合は自分の貯金だけでは足りず、助成金やビジネスコンテストで出資してもらったり、

お金を借りてスタートしたりします。

 

売り上げが上がらない期間を見越して運転資金は多いに越したことはないですが、

最低限の資金だけは確保しないと始めることができないのでやりたい気持ちを抑えて

まずは冷静に計算しましょう(*‘∀‘)

得られる資本金や助成金の一覧はこちら(工事中)

 

アイデア・発想力・着眼点

ビジネスは生き物です。

その時はやってるものを始めても、軌道に乗せようとした瞬間にはすでにブームは終わっていることもあります。

だからなるべく多くの情報を得て先に今必要とされるもの、これから必要とされるものを

しっかり考えてから起業しましょう。

 

もしまだアイデアがない場合や、起業したいけど何すればいいかわからない場合は

キャリアアップや能力を磨くための転職や、その道の専門家にコンサルなど受けてみるといいかもしれませんね(*‘∀‘)

※コンサルについては怪しいものもあったりするので選ぶことが必要

転職で能力を磨きたい方はこちら

自分に合ったキャリアアップ転職の方法(工事中)

自分のジャンルにあったコンサルを受けてみたい方

お金の無駄!コンサルの間違った選び方と事例(工事中)

 

行動力・思いの強さ(最重要)

何をするにも一番重要なのが行動力です!

これなくして何も始まらないし、起こせません。

やりたいという思い、自分が描く理想の姿に向かうための最善の行動を考え、

必要なものは何かを見極めてすぐ行動に移しましょう。

 

また行動を裏付けて、自分のやること、会社の借りたいことを明確にするものに

名言や座右の銘などがありますので参考にしてみるといいかもしれません(`・ω・´)ゞ

座右の銘にしたい名言おすすめランキング31!アニメ漫画や有名人

 

メンタル

成功もあれば失敗もあります、

しかし本当の失敗は「怖がって動きを止めてしまうことです。」

自分のやりたいと決めたことを曲げず、強いメンタルを鍛え上げてどんどん行動に移していきましょう。

 

起業に失敗したら人生どうなるの?その後の人生を博打にしないために

会社を辞めて、学校をやめて「起業をしたのに失敗したらどうしよう。。」

せっかくの起業ですがやはり失敗もつきもの。

起業に失敗した場合はどんなルートが残されているのかというと

  • 就職
  • 再起業
  • 学校入学

生きていくためにはやはりお金を稼がなければいけないため、

お金を稼ぐ方法を見つけなければいけません。

 

でも再就職するにも起業するにも「自分が何をできるかが重要」になってきます。

たとえば若ければ営業などできますが、年齢が少し行ってしまってからだと

能力や、手に職がなければできないこともあります。

 

なのでけっこう戻るんですが、起業する前におすすめのやり方があります。

 

それは

  1. まずは副業で試してみる
  2. 週末起業をしてみる
  3. 起業をするための能力を得るために転職や就職をしてみる
  4. 万が一失敗してもいいように余分にたくわえをしておく

というやり方です(/・ω・)/

 

副業に関しては現在老若男女すべての人がちょっとは気にしているものです。

また最近では副業OKの会社も増えてきておりその傾向は大手の会社ほど増えてきているみたいです。。

副業ではなく、就職しながら土日だけ起業をするという週末起業も、

本業という安定収入がありながら、大ばくちに出なければお金が無くなる確率も少なくできるためお勧めです。

→副業で始めるならどんなものがお勧め?

週末起業は失敗しやすい?成功する起業アイデアのポイントは?

 

まとめ

人生1度きりならば自分のやりたいことをしていきたいと思いますよね?

幸せの形は人それぞれですが、もし今の自分の環境に満足をしていないということなら、

自分の本当にやりたいことに向かって動き出すのも悪くないかもしれませんね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です