起業したい人は何人いる?資金やアイデア・起業家に必要な3つのこと

起業したい

Sponsored Link

どうもモッチです(/・ω・)/

囚われの社員生活ではなく好きなことを仕事にして暮らしたい!という人は多いのではないでしょうか?

確かにやりたいことがあれば起業すれば成功するかもしれませんが、周りの反対なども気になりますよね。。。

でもやりたいことがあるなら後悔はしたくない。

今回は将来起業したい人向けにアイデア資金の集め方、必要な心構えなど調べてみました(∩´∀`)∩

 

起業したいと思ったけど何が必要?すべては「行動力」だよ!

起業したい

起業する場合に必要なものはお役所などに行って提出したリ手続きなど細かいものもありますが、

大まかに言うと

  • 資本金
  • ビジネスアイデア
  • 個人事業主と法人化どっちにする?

この3つが必要を決めればできます。

そして残念ながらこれらの内、資本金とビジネスアイデアは、起業を考えているけど、出来なかった人の原因となっているんです。

 

しかし今回はそれ以上に重要といわれているものがあります。

それは「起業したい」という気持ちではなく「本当に起業する」という行動を起こすかどうかになります。

 

実は日本政策金融公庫が約18歳~69歳までの約31万人の男女に市場調査を実施したところ

  • 起業家・・・1.5%
  • 起業したいと考えている人・・・14.3%
  • 興味がない・・・60.6%
  • その他(廃業した、思ってただけで行動しなかったなど)

起業したいと思っている人は実際起業した人の約10倍いるのが現状です。

実際に起業できない理由は資金やアイデアなどいろいろあると思いますが、

起業できない人の特徴に関してはこちらの記事でまとめましたの参考にしてみてください!。

→起業できない人の特徴と理由トップ7!あなの悩みはどれかに当てはまる?

 

起業したいがお金がない!起業資金はいくら必要?

Sponsored Link

実は起業に必要な資金は100万円程度でいいということが言われています。

実際に起業をした人たちは資金集めなどはしないで、自己資金100万円でスタートした人たちが半数以上いるのが現状です。

起業したい

引用元:「起業と起業意識に関する調査

確かに資金がない!というの理由でありますが、

実際そんなに資金が必要なのか?

仮に融資を受けたとしても実際は500万円以内で起業している会社がほとんどです。

どうしても必要なら融資をしてもらう必要がありますので今一度しっかり考えてみるといいでしょう(/・ω・)/

 

起業したいけどアイデアがない!ビジネスアイデアの発見方法とは?

起業したい

ビジネスアイデアは「人の悩みのある所にあるにチャンスがある」と言われています。

確かにアイデアというとこれまでになくてライバルがいないような

奇抜なものを思いつきたいという人もいると思います。

 

しかし人に必要とされるものは奇抜なものではなく悩みが解消されて楽になる物、便利なものが生き残る傾向にあります。

LINEの開発などはもとは災害時の連絡ツールとして作られましたが、その連絡の速さから電話より重宝されるツールとなりました!

 

既存でライバルはいても、自分の得意な事やちょっと方法を変えたアイデアなど出してみてはいかがでしょうか?

こちらにアイデアの考え方などは詳しく記載させていただいておりますので参考にしてみてください。

→副業からでもOKな起業アイデア一覧

 

個人事業主と法人化どっちにする?

 

起業するなら個人事業主、法人化するのどちらかがありますね!

個人事業主と法人の違いは税金は手続きの多さもありますが、簡単に言えば税金の違いとも言われています。

 

個人事業主の場合は稼いだらその分だけ税金が上がる仕組みですが、

法人化してしまえば金額に応じてある程度の金額で歯止めをかけることができます。

 

法人化してしまえば確かにがっちり(マンデー!)なのですが、いきなり法人化だとやはりちょっと怖いですよね?

なので多くの人は個人事業主からスタートする人が多いみたいです。

個人事業主、法人化にかんしての詳しくはこちらの記事で記載させていただいてます(∩´∀`)∩

→個人事業主・法人化どう違うの??

 

起業したい人を募集してる?それならベンチャー企業がおすすめ!

起業の勉強をしたい場合はベンチャー企業に入るのがお勧めです。

起業するためにセミナーや勉強会などで学びたいという人が多いですが、

ベンチャー企業なら会社が設立されてから成長するまでが肌で実感できます。

普通の企業の場合、新人研修や上司から言われた仕事を行うことがほとんどで、もちろん学ぶこともありますが、企業のブランド名があるためそれに擁護されているところがあります。

しかしベンチャー企業はがむしゃらに成長を目指している企業が多く新人の内からでもバンバンやりたいことをやらせてもらえます。

成功するかはわかりませんが、仮に企業が成長した場合は会社が成長する家庭を肌で感じることができるので、

自分が起業する場合のイメージが具体的に持てるようになります。

 

ベンチャー企業に向かない人種=やりたいことが決まっている人々

ベンチャー企業に入るメリットは

  • やりたいことをやらせてもらえる
  • 会社の成長を実感できる

というところにあるのですが、すでにやりたいことがある人はあまりお勧めできません。

 

実はモッチもベンチャー企業に入ったのですが3か月でやめてしまいましたw

理由はすでにやりたいことがあってそれに向かって行動をしていたからです。

 

ベンチャー企業の特性上「ガンガン行こうぜ!」ではあるのですが、

その勢いはプライベートにまで侵食して来ることも多く、

例えばデートしているときにいきなり電話が来たり、定時上がりをして自分のビジネスやアフター5があっても

周りが普通に残業をして会社のためにやっているので帰りにくかったり。。。

自分のやりたいビジネス、自分の時間まで奪われたことがありました。

 

すでにやりたいことがあってどうすればそれが実現するのかなどわかっている場合は正直お勧めできません。

まだやりたいことが今っていない場合はかなり勉強になるのでお勧めです。

→勉強できるベンチャー企業の探し方

 

起業したいけどおすすめの大学ある?ビジネスコンテストで選ぶのもあり

将来起業を考えていて、大学を選ぶ方は「卒業生が有名かどうか」に注目してみるといいですよ!

どこの大学にも起業家の先輩はいると思いますが、

起業が成功している卒業生が多い学校は学内ビジネスコンテストなどの審査員でその方がゲストで呼ばれたりします。

 

もしそのコンテストで受賞すればつながりもできたり、また起業家とつながりが多い経営系の教授と仲良くなれば、ビジネスの人脈も広がります。

ビジネスも結局は情報量と人脈が重要になることが多いので、今のうちから顔は広く、自分から行くという姿勢を取るのもいいと思います。

 

起業は学生の内でも可能?

学生のうちに起業するメリットは

  • 失敗を恐れずガンガン行ける
  • 応援してくれる人が多い
  • 若いだけで注目される

というものがあります。

アップルの創業者スティーブジョブズ、フェイスブックのマークザッカーバーグ、

日本の起業家だと堀江貴文などを代表するように学生時代に起業をしてそのまま起業家、実業家となる人は多いです。

 

授業があるのに起業はできないというなら副業をまず初めて見て、そこから資金やアイデアを得て起業をしてみるのはリスクも少なくていいですよ(^^)

 

高校生は起業できないでしょ?

高校生でも起業はできますよ◯

むしろ小学生でもアイデアさえあれば起業はできますw

 

自家製レモネードを販売していて、スターバックスとも提携しているMe & the Beesという企業がありますが、

起業をしたのはミカイラ・ウルマーという4歳半の女の子でした。

起業したい

引用元:Me & the Bees公式サイト

アメリカでは10代での起業は珍しくない中でも最年少での起業だったたみたいです。

アイデアと行動さえできれば起業はできるということですね(∩´∀`)∩

 

起業したいのことで相談はどこですればいいの?

起業の相談をしたい場合は2種類の方法があります。

  • 起業支援を行っている会社
  • 先輩起業家

創業や起業の支援を行っている会社も実は増えており、起業はしたいけど何をしていいのかわからないという場合でも相談に乗ってくれたり、

アドバイスをくれたりします。

 

創業ではありませんが、楽器のオーボエをコスプレしながら吹くことで話題となっているよねちさん事「米山栞合(しおり)」さんという方をご存知でしょうか?

実は彼女も音楽が好きで音楽の短大を卒業しましたが、講師や楽団などでは自分の本当にやりたい音楽ができないということで、

f-bizという創業相談をして支援してくれる会社に相談をしたことがきっかけでフリーのオーボエ奏者として活躍することができました。

f-biz

よねちさんは音楽も好きでしたが、実はコスプレの趣味をもあり、

その2つを足すことを提案してくれたのがこのf-bizさんだったみたいです。

 

自分の好きなことで起業したい場合でも相談に乗ってくれる会社は増えているので、

起業がまだ漠然とした夢の状態でも一度相談してみると実は今すぐにで来そうなものが見つかるかもしれませんね!

 

まとめ

起業をしたい人は多いですが、実際に行動を起こせる人は少ないということがわかりましたね!

人に何かを聞くと「ググレカス」という言葉がありますが、

現在の問題は大体ネットで検索すると解決します。

 

もし検索で解決ができた経験があるなら検索をするくらいの行動力を使ってぜひとも起業に向けて本気で動いてみてはいかがでしょうか??

Sponsored Link

起業したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です