マツコの知らない世界!秋の鉄道旅行

Sponsored Link

マツコの知らない世界の秋特集??ということで

秋の鉄道旅行の世界が放送されますね(*´ω`)

美味しい食べ物と美味しい景色と、

ひっそりとした風情のあふれる世界に没頭する専門家の世界をのぞいてみましょう(/・ω・)/

 

マツコの知らない世界/2017年9月5日

毎週マツコことマツコ・デラックスさんがその道を極めたスペシャリストたちと対談する大人気番組

「マツコの知らない世界」。

あんな世界やこんな世界があったなんて普通は知らない世界ですが、

番組を見て目覚めてしまいその道のスペシャリストになってしまう??なんてこともありそうなのと、

知らない世界を知りたいという欲望で毎週見てしまいますね(*´ω`)

ということで今回から毎週記事にしてまとめてみたいと思います(`・ω・´)

 

マツコの知らない秋の鉄道旅行の世界

Sponsored Link

「そうだ。京都へ行こう」のCMが真っ先に頭に浮かんでしまう秋の鉄道旅行。

◯◯の秋の中でも実際実施したことはないのですが、今年は秋の京都へリアルに行く予定があるので

気になっているところでもありました(/・ω・)/

紅葉がおいしい季節となってくる秋の景色を堪能できる秋旅行。

今回は

鉄っちゃん歴55年・世界93カ国で列車に乗った

「ガチ鉄」櫻井寛さんが、今回は『秋に乗るべき鉄道』の路線とその楽しみ方を徹底ガイド!

引用元:マツコの知らない世界

大人気のため3度目の出演となる鉄道写真家の櫻井寛さんが秋を満喫できる秋の鉄道で

  • デビューしたばかりの観光列車&駅弁を買って乗りたい列車
  • 櫻井さん的・日本一の紅葉列車

を教えてくれるみたいです。

 

デビューしたばかりの観光列車、駅弁を買って乗りたい列車

今回登場したデビューしたばかりの観光列車ということで、

ハイレール1375四国まんなか千年物語という列車が紹介されました。

ハイレール1375とは?

引用元:JR東日本

星空をコンセプトにした列車だと寝台列車の北斗星とトワイライトなどが浮かんできますが、

天空に一番近い列車というコンセプトで作成されたハイレール1375。

 

実は日本で一番標高い1375mを走るとして

今年7月1日からJR小海線の小淵沢駅からハイレール1375が運航スタートした模様。

 

車両は二両編成ですべて指定席ということなのですが、

車両の中で四季の星空を描いた半球体ドームがありプラネタリウムの気分を味わえたり、

星に関する書籍なども多数取り揃えられているみたいです。

 

運航は毎月異なるみたいなのですが金、土、日、祝で基本は知っており、

今の時期だと1日1往復半で日中で1往復、夜運航で小淵沢から片道で1本という感じみたいです。

引用元:JR東日本

 

小淵沢駅は駅弁の聖地

ハイレール1375と一緒に紹介されたのがスタート駅の小淵沢。

(小淵沢駅はJR小海線の駅で長野、山梨、静岡の中間地点くらいにあります(/・ω・)/)

実は小淵沢駅は駅弁の聖地といわれており、20種類もの駅弁が選べるらしいです。

 

今回はハイレール1375に持参すべく駅弁の聖地の中のさらにおすすめということで、

高原野菜とカツの弁当」が登場◯

引用元:丸政

 

  • シャキシャキ感
  • 駅弁は冷めて美味しい

というコンセプトのもと1970年からあるお弁当みたいで、最大の特徴は高原野菜!

大切りカットの野菜たちでマツコさんも驚いていましたが、

噛んだ瞬間の歯ごたえも「レストランか!」というようなお弁当ではありえないクオリティの新鮮さが売り!

 

そしてさらに覚めても美味しいチキンカツもさめてもサクサク感を残してくれる一品とのこと。

  • 日中なら車窓からのすがすがしい景色×お弁当
  • 夜なら星空×お弁当

という2種類の贅沢ができるハイレール1375でした(・∀・)

 

四国まんなか千年ものがたり

引用元:JR四国

櫻井さんおすすめの列車ということで紹介されたのがJR四国で今年の4月1日より運航が開始された

四国まんなか千年ものがたり。

運行本数は土日の多度津駅・大歩危駅間で1往復だけと少ないですが、

四国の山遊を楽しむことができるというコンセプト。

 

日ごろ使いすぎた頭や体を癒すにはもってこいの列車みたいです(/ω\)

(余り体や頭を使ってない場合は使ってから乗車しましょう!)

 

櫻井さん的・日本一の紅葉列車ベスト3

鉄道写真家の櫻井さんが選ぶ

日本一の紅葉列車ベスト3ということで、これからの時期大混雑すること必然の内容ですが選ばれた3つを見てみましょう(/・ω・)/

①JR陸羽東線の鳴子峡

引用元:ウォーカープラス

東北本線の小牛田駅と奥羽本線の新庄駅を結ぶ陸羽東線。

その途中に存在するのが鳴子峡です。

毎年見頃の時期は10月下旬から11月上旬までと期間は短めですが、

車窓から見える辺り一帯が紅く染まった紅葉で埋め尽くされるのは必見ですね(*´ω`)

 

②嵯峨野観光鉄道

引用元:ジョルダン

京都の嵯峨野駅から亀岡駅までの区間の列車からの紅葉。

通称嵯峨野トロッコ列車ですね!

これはかなり有名な紅葉列車ですが、まぁチケットが取れないw

取れたとしても人が多くて狭い(;´・ω・)

 

というのがちょっとネックになってくるのではないかとも思われます。

しかし櫻井さんの裏技的なお話で亀岡からの上り列車を使うと比較的空いているとのこと。

 

確かに嵯峨野発の下りは激混みですが、亀岡発ののぼりならチャンスあるかもしれないですね(*´ω`)

今年は11月中旬に京都に行く予定なのですが、、紅葉終わってますかね??

 

③黒部峡谷鉄道

引用元:ジョルダン

プロジェクトXの黒部ダムができるまでの中にも登場した黒部峡谷鉄道での紅葉ですね!

こちらも窓がない電車に乗って黒部ダムと紅葉のコラボレーションを楽しめる内容。

 

なんと与謝野晶子さんも夫婦で黒部の紅葉を見に来たと事で詩が残っているくらいの絶景が広がっているみたいです(/ω\)

3つともいってみたいですが少なくともなかなか時間ないという方h1つでも行ってみるといいかもしれませんね(/・ω・)/

 

まとめ

今回はマツコの知らない世界の秋の鉄道旅行の世界をご紹介させていただきました!

好きこそものの上手鳴れということで鉄道のプロの櫻井さんんおすすめの鉄道旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です