プロゲーマーの年収や収入源は?日本でも天職にできる?

rapture_20170606063047

Sponsored Link

ゲームで生活するというとゲーム製作やユーチューバーのゲーム実況などしか思い浮かびませんが、

世の中には本当にゲームで生計をたてて生きているプロゲーマーという職業があるらしいですね!

今回はそんなプロゲーマーの年収や収入源日本でもゲーム好きな人が天職(転職)できるのか調べてみました!

 

プロゲーマーとはどんな職業?

プロゲーマー(professional gamer)とは、ゲーム(コンピューターゲーム)をすることにより報酬を受ける人のこと

引用元:wikipedia

ボードゲームやカードゲームから始まり

スマホや携帯ゲーム、家庭用ゲーム機器、VRなど様々なジャンルのゲームが存在しますが

どうやらデジタルのゲームのプロというのが存在するらしい。。

 

と聞いてもピンと来る方は少ないと思いますが

中国やアメリカ、韓国などでは普通に公式のスポーツ選手と変わらないものとして認知されているみたいです。

 

日本でも職業として認められているほどにまで成長したのが

簡単に言えば仕事と同じでゲームをすることでお金をもらえて生活できている人のことをいうらしく

日本では自称、通称の方も多くいらっしゃるみたい(上手いことは確か)ですが

 

梅原大吾さんという方は

アメリカの周辺機器メーカーMad Catzとスポンサー契約を結び活動をしているということで

 

スポンサー契約まで行くということはもうあれです

 

プロテニスプレーヤーと同じ

値段は違えど錦織圭さんと変わらないということですね!

 

年齢制限はないけれど20代~30代までが限度?

Sponsored Link

年齢制限というものが設けられているわけではないのですが、

世界ツアーとか、対戦イベントをずっとやったりなどをするということで

必然的にメインで活躍できる年代が20代~30代になってきて40代以上の方では優勝しにくいらしいですね!

 

年収や収入源は何?

rapture_20170306062057

そんなプロゲーマーの年収や収入源は??

というと実際には大会での優勝賞金が主なお金の収入源につながることは言わずと知れず。

 

それ以外にもゲスト出演でニコ生の番組や、ゲーム大会の解説講演会なども行われたりということや

スポンサー契約料としての収入源。

などが含まれてきたり、

 

スポンサー契約などしていなければyoutubeなどでの広告収入なども見込めるということで、

ゲームのプロといっても考え方ひとつで

収入源は多数存在するみたいですね○

 

では実際どれくらいもらえているのか??

というと世界基準で見ると平均月収は39万円前後(ほぼ大会賞金)らしいのですが

 

トッププレイヤーたちは国ごとでこんな感じの年収らしく

日本のプロゲーマー:450万円~数千万円

中国のプロゲーマー:370万円以上

アメリカのプロゲーマー:460万円~数億円

韓国のプロゲーマー:420万円~数億円

引用元:wikipedia

 

アメリカや韓国ほどではありませんが、日本でも数千万円までは稼ぐことができるということで

夢が大きいですね!

 

ただほとんどのプロはチームで挑むということで、

賞金は人数で山分けという感じが多いみたいなので、額面は数千万でも実際は数百万ということで

ほとんど普通のサラリーマンと変わらないという印象でしょうか?

 

本気で目指すならやはりアメリカか韓国??

 

日本でもなれる?日本のプロゲーマーたち

数は少ないですが日本でもプロが存在するプロゲーマーの世界

日本ではどんな方たちがプロとして活躍されているのでしょうか??

日本のプロゲーマーに関してはこちらで紹介させていただいております○

→(工事中)

 

プロゲーマー専門学校が誕生!?「e-sportゲーマーワールド」

そんな日本のゲーム環境を奮い立たせるように

ついにプロゲーマーを育成するための専門学校「e-sportsワールド」を

2018年に開校することが発表されましたね!

rapture_20170306060310

学科専攻としては

  • 総合プロゲーマー専攻
  • キャスター専攻
  • 宣伝プロモーション専攻
  • イベントスタッフ専攻

の4つから構成されており、本格的に世界大会に臨めるようにチームでの力を磨いて

日本から世界で戦えるチームを増やしていこうとしているみたいですね!

 

2018年から本格化するということで、

2018年注目の職業ともいえるのでしょうか??

 

また運営媒体が東京アニメ・声優専門学校ということで

声優の勉強も一緒にできるみたいですね○

 

ジャパニメーションの力はどこまで続いていくのでしょうか??

 

プロゲーマーに天職(転職)できる人

専門学校もできるほどの人気で注目職業になりつつあるプロゲーマー

どんな人が天職として向いているのかというと

  • ゲームが好きな人
  • ゲームで生きていきたい人
  • 周りを熱狂させるパーフォーマンス性あるプレイができる人

この3つが必要で、

ただゲームがうまいだけでは本当に賞金稼ぎとしての活躍だけなのですが、

 

イベントなどを考えると「見ている人を夢中にさせる、熱くさせるプレイ」をできる人のほうが

人気が出やすい傾向にあるみたいです。

テクニカルな事と同時に、みんなに受けそうなプレイも模索してみるのがいいでしょう!

 

まとめ

今回はプロゲーマーについてご紹介させていただきました!

好きなことを仕事にしたいという傾向が強くなっている現代。

会社勤めでも一生暮らせるかわからない時代なので人生を謳歌できる好きなことでプロを目指してみるのはいかがでしょうか??

Sponsored Link

rapture_20170606063047

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です