リストラは結婚のタイミング?逃げ恥平匡のお金と貯蓄はリアルでも通用する?

rapture_20161214212106

Sponsored Link

社会現象になっている逃げ恥こと「逃げるは恥だが役に立つ」

第10話では平匡は沼田さんによりリストラを言い渡されめちゃくちゃ必死で次の職探し、

休憩時間でも職探しをしているのかと思いきやみくりにプロポーズするためのレストランを探していたという

どんでん返し的な展開がありましたね!

でも平匡はどうしていきなりとなった時に「きっかけはリストラ」となんとリストラを言われたタイミングが

結婚を意識したタイミング言っています。

リストラって普通は破局のきっかけなのにそれを切り出すなんて本当にありなのでしょうか?

新婚さんいらっしゃい!みくりと平匡の妄想がシンクロした

rapture_20161214064531

タイトル的なところで行くとみくりが就職から逃げる、妄想して逃げる、

そして平匡がみくりとの初夜から逃げる、百合ちゃんが風見から逃げるなどなど。。

そんなタイトル回収のような逃げが多いですが、

メインの二人は晴れて恋人になり初夜を乗り越えた的な設定?

実際そんなシーンはないのですが、平匡が温泉旅行に二人に行った際に日野さんから託された

ハブドリンクを思い出すというシーンが登場して「なんで返してしまったんだ!」と後悔しているシーンがあったところから

一線越えた・・・(ガッキー( ;∀;))という推測がされます。

その後の二人はどこにいても幸せ満載のオーラを放っていて

離れていたところで二人の妄想がシンクロし「新婚さんいらっしゃい!」の番組が頭の中で展開されるとまで・・

最初の山を乗り越え晴れて付き合うことができた二人ですが

年齢的に考えれば平匡36歳、みくり26歳ということで事実婚からリアル結婚を意識してもおかしくない年齢なのはあります。

平匡は日野の一言で結婚の考え方を幸せから安全へと変化

Sponsored Link

平匡がどうしていきなり結婚を考え出したのかというと

それは日野さんとのランチ中に、安心という言葉がきっかけでしたよね?

「一人に何かあればもう一人が頑張る、安心?」というこの発言をされたときから結婚ということを意識し始めました。

みくりは妄想の中で結婚は一つの二人のあり方と考える

平匡が結婚を意識していたのと反対に、

頭はお花畑になりかけていますが、持ち前の妄想力とは反対の心理学部的な考え方があるみくりは

結婚を最初に考えていたけれど、

人の関係はそれぞれ、結婚はしていないけれど実際に一緒にいれる。

それが二人の形ではないかと思い始めていましたよね?

リストラが結婚のきっかけになることはあるのか?

rapture_20161214204625

今のままの事実婚だと一緒に住んでいても赤の他人、

ましてや恋人となった今としては最終的には結婚を意識するまで行くはず。

そのきっかけになったのは平匡がリストラされるということが分かった時でした。

平匡の計算では現在の雇用関係と恋人という形より、

二人でしっかりためていったほうが直近数年では400万円ほど得をする計算に

子供も作るとして計算すると恋人となった現在は二人の生活を考えると説くという結論に至ったことを説明しましたね○

みくりの名言!『愛の搾取』

しかしみくりはそれに対して

「結婚したら『好きな人のために無償で家事やって尽くすのは当たり前でしょ』になって、

子供産んだら『可愛い子供のために無償で人生捧げるのは当たり前でしょ』」

この結婚という関係に対して『愛の搾取!』といいます(; ・`д・´)

もともとみくりが意識していた結婚とは愛が先ではあったはず、

しかしいざ平匡から言わせるとそんなメリットを意識した結婚、

まして現在の自分の人生をメリットのために無償提供するという考え方は確かに違う!

と見ていた方たちのみくりの発言にかなり感心させられていたのは事実ですね。

特に女性に関しては家庭、しかも子供まで意識すると

今まで外の世界で生きていた人も地域との、ママ友との、子供のためにと自分というものが保てなくなってしまう

というママさんは多いみたいです。結婚はやはり難しいですよね。。。

リストラで結婚というのはありなのか?

「リストラされます!将来のことを考えて結婚しましょう。」

と物語で平匡は言っているわけですが、これって聞いたことないですよね(; ・`д・´)?

むしろ逆でリストラされたから別れてください、離婚してくださいなら聞いたことはありますが。。。

と思い調べてみたところ

みんなのウエディングさんに実際にフリーターやリストラされた人と結婚された方などの体験談がありました○

体験談
■私の彼は、付き合っていた時は、フリーターでした。でも、結婚の話が出るようになった途端、

「きちんと就職する」と自分で言ってくれました。それから、なかなか就職が決まらず、

二人ともイライラして喧嘩した事もありましたが、

彼は「きちんと就職が決まるまでは、結婚は出来ない」と意志が固く、何度面接に落ちてもめげませんでした。

その姿を見て、この人となら結婚出来ると確信しました。(28歳女性)

引用元:みんなのウエディング
<誰にでもリストラの危機があると思ったから>

■現実世界を生きているのですから、何もかもが完璧な人、人生、将来なんてないと思います。

どんなに大きな企業でも、倒産したり、リストラされたりする世の中です。

だから私は、安定している職を持っていないけど、ずっと愛していける彼と結婚しました。(34歳女性)

引用元:みんなのウエディング

確かにそうですよね?

今の時代何が起きるのかわからない。

だからこそ何を自分の結婚の信念として据え置くのが正しいのか?

そういうことを意識することが重要ですね。

リストラされたからというのはその人が相手を表面的で見ているということの表れなのかもしれません。

金の切れ目が縁の切れ目という感覚でしょうか?

逃げ恥から見るお金や貯蓄について

お金のなる気分!逃げ恥で注目?ベアーズの家事代行サービスの将来性!

逃げ恥百合ちゃん!生涯独身を女性が覚悟するタイミングとは?

結論

リストラされたからやフリーターだから結婚しない、できない、対象外というのは

お互いの価値観が非常に反映されるものにります。

ただ言えるのは相手の方がどんな状況にいてもあなたが信じたいと思うものがあれば

それは結婚するための切り口になるはずです(/・ω・)/

そう考えると今回平匡がみくりに結婚を言い出したことは

恋愛をとおして平匡は二人で合わせた幸せを、

みくりは二人だけれどそれぞれの幸せをという感じで選択の違いが垣間見えた回だったのかもしれません!

次回11話が最終回ということですが、二人の幸せは一緒にいることなのか

それぞれの道へ進むことなのか。。。そこに注目したいところですね!

Sponsored Link

rapture_20161214212106

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です