社会保障の壁が106万円に!入るメリットデメリットはどんなもの?

rapture_20161023112217

Sponsored Link

2016年10月(今月)から社会保障の壁といわれていた130万円の壁が106万円まで緩和?

下げられてしまい、今まで社会保障に加入が義務付けされていなかったラインのパートさんやアルバイトさんが

社会保障に加入してくださいと督促的に促されることがあるみたいです。。

社会保障強制って。。何となく嫌な印象ですが、本当に嫌なことだらけなのでしょうか?

今回は社会保障に加入した際のメリットデメリットを改めてみてみたいと思います。

社会保障の壁が130万円から106万円に変更!理由や得する人は誰?

今回の社旗保障の対象で問題となっているのは入っていなかった人が強制的に入ることになっているという点です。

ふつう保険って入っているんじゃないの?と思われる人もいますが、それが強制じゃない人もいるんです。

強制じゃない人の条件として

  • 常時使用される従業員が5人未満の個人事業所
  • 一部の業種の個人事業所

つまり、個人事業主の人で3人くらいでやっている小さい会社

または

  • 第一次産業(農林水産業)・・・・農業、漁業、林業など
  • サービス業
    飲食店、料理店、理容・美容業、旅館・宿泊業、飲食店、料理店、クリーニング業、ビル清掃業、浴場、写真、映画・娯楽業など
  • 士業・・・弁護士、税理士、会計士、社会保険労務士など
  • 宗教業・・・神社、寺など

といういわゆる巨大なビルで1フロア借りてやビル全体で会社とかをやっている

スーツ着て仕事してる感じの人たちが正確には従業員が501人以上の会社が対象になってくるわけです。

そしてその中でも強制と任意の壁があり

それが今までは

  • 1日の所定労働時間が、一般社員の概ね4分の3以上
  • 1か月の勤務日数が、一般社員の所定労働日数の概ね4分3以上

まぁ会社によるんですが、基本8時間労働で週5が正社員さんと考えて

1日の働く時間がいつも6時間(5日で24時間)1か月の出勤日数が15日以上の人

つまり年収130万円の人が対象だったみたいです。

しかし今月からは

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 年収が106万円以上(月額賃金88,000円以上/残業代や交通費などは含まない)
  • 雇用期間が1年以上

ということでなんと出勤日数の期限が取れてしまいしかも

週20時間で年収が106万円と今までと24万円下がっていてし待っている状況です( ゚Д゚)!

確かに働いてる人見ると強制に引っかからないようにしようと週3回しか来ないバイトさんや

週4回でも1日は4時間とか5時間までという人もいますよね○

その人たちは今までこれを避けていたのか~。

周りを見ていると相当嫌われてる気がする社会保障なのですが、入ることで我々にどんな問題が起きてくるのでしょうか?

 

社会保障に加入するメリットとデメリットとは?

Sponsored Link

そんな嫌われ者の社会保障さん(´・ω・`)

嫌われててもええとこあるやろ!ということでメリットとデメリットを調べてみました!

社会保障の種類は5つあり

  1. 社会保険・・・病気やけが、出産、死亡、老齢、障害、失業、事故に遭遇した場合に一定の給付で助ける強制加入式保険
  2. 社会福祉・・・障害者や母子家庭の方たちをサポートして安心して暮らしていけるようにする
  3. 公的扶助・・・生活に困ってもサポートしますよ
  4. 保健医療・公衆衛生・・・予防、衛生のための制度(インフルエンザのワクチンとか??)

まぁこの5つが保証されることが社会保障といわれているみたいですね!

でこれらの中で今回強制されるのが1の社会保険の中の社会保険です。

主にけがとか出産とかで役立ってくれるもので

傷病手当金

病気や怪我で4日以上休んでも約7割の賃金が支給され、さらに1年以上支払えば退職後も一定期間保証してくれる。

出産手当金

文字通り出産時に助けてくれて、出産前後の98日間を休んだとしても約7割の賃金が支給されます。

厚生年金

65歳からもらえる年金の額が国民年金にプラスで上乗せされるようになります。

また歳をとって病気や障害になっても障害基礎年金にプラスして障害厚生年金ももらえるようになるので

老後も少しは安心できるのではないでしょうか?

というのがメリットですね!

じゃあ逆にデメリットは何があるの??となるのですが、

1つは今まで加入をしていなかったのに強制的に料金が発生するということで

生活費の減少が一つそしてもう一つが日本の財政赤字問題ですね!

前々からちょっとは噂になっている日本の財政赤字問題。

国のお金がどこに消えているのかはわかりませんがこれがさらに成長し

財政破たんになった場合は上のメリットが水の泡でノーリターンになりますw

投資したのにそれないでしょ( ゚Д゚)となるんですけどね~。。。

前々から僕らの親世代からは年金ないですよ?的な予兆もありましたしね

年金も保証もなくなってしまう可能性は大いにありますね。。

 

まとめ

社会保障が強制になるということはまぁ短絡的に見ると支払いが強制的に発生するということで

長期的に見るとメリットもあります。

しかし日本という国が終わった時に。。。

最近ですと地震とかで本州が割れて日本が二分化される可能性とかですよね。

そんな国に何か起きた時にはすべて水の泡になってしまうということです(/ω\)

こんな時の切り抜け方として一つ言えるのはもっと働いて収入を増やすしかないという感じでしょうか?

いや、国の狙いは働かせることですから、国の思惑に乗せられてしまっているだけ?

あなたならどう切りぬけますか?

Sponsored Link

rapture_20161023112217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です