天職とは何?見つけ方や適職とはどう違う?

rapture_20170303182737

Sponsored Link

人生の半分は仕事を過ごして生きなくてはいけません。

仕事はつらいと思われる、やりたい仕事をできていないと思っている人も多くいるといいます○

しかしそんな人たちの中で数少ない天職と感じている方たちはいます

そんな人たちはどうやって天職を見つけたのでしょうか?

天職とは?

  • 天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。「医を天職と心得て励む」
  • 天子が国家を統治する職務

現在の日本人の寿命は男性が80.7歳、女性は87歳ということで

世界でもトップクラスに長生きの国ですが、そうすると成人してから60年くらい働かないといけません。

 

そんな長い仕事生活の中において、働いていることがつらくない、

むしろ生きる糧として生活に潤いを与えてくれる、あなたに合った最高の仕事である「天職」というものがあります。

 

働けばお金は入りますが、それより生きていることが楽しくなる仕事というのは

なかなか見つからないといいますね!

ですがそれをもし見つけることができるとしたら見つけてみたい!!

「でも自分に合った天職なんてあるのかな。。。」

そう不安になってしまいますよね・・

 

天職の見つけ方とは?

Sponsored Link

天職を見つけることができるなら、やれるものならそれをして暮らしたい!

という人は多いみたいですが、なかなか今の環境が天職という人はおらず、

  • 就職をしてそのまま働いている
  • 生きるために働いている
  • やめたくてもやりたいことが見つからない

という理由で仕事をしている人は多いと思われます〇

 

身近な人たちに相談してみても「会社の中でやりがいを見つけるんだよ」

という回答なども返ってきたりして、今の自分が一番合っていると思わざる負えないときもありますよね?

 

天職占い!なんて項目を当てはめて探してみても

答えはその占いや診断を作った人の感性によるところになってしまい

あなたが本当の意味で幸せを感じているのかといえばそうではないし。。。

じゃあどうすれば見つけることができるのでしょうか?

 

天職を診断はできる?それは適職じゃない?

天職を診断してみましょう!

という言葉がありますが、そもそも、天職って診断できるのでしょうか?

物は試し!転職をすれば出会えるかもしれないと希望を胸に実践しても「なんか違うんだよな~」

ということは多いみたいですね!

診断すればいいんだ!とネットで検索してみても実際はリクルートサイトで行われている

転職内容と何ら変わらない、ものが多いですし

仮に前よりずっと働きやすい環境に行けたとしても、それでは天から授かったお仕事

というよりは適職についたというだけで

「本当に一生命かけて続けて楽しめるのか」

「前より環境が良くなっただけで一時の気の迷いなのか。。」

 

それって周りの人は幸せですか?

rapture_20170303182922

天職っぽい認識としてあるものとしては

やはり

  • 専門職
  • 芸術系

などのことを言われることが多く

それは野望ということも言えますし巷でいう夢という言葉とも同じような意味かもしれません。

だったらそんな職人系のことを探せばいいじゃないか!となりますが

それは半分は正解ですが、半分は間違いです。

 

なぜなら仕事とは「人から必要とされて初めて価値がある」からです。

ですからあなたがやりたい!というだけでは

あなたは幸せですが周りは必要とされない、

結局あなたを認めてくれる人は誰もいないし、一人で幸せだと思っているだけのオナニーと変わらないんですよね。

 

天職は周りの人が決めてくれる?笑顔の数に気づくこと

偉人や雑誌などを見ているといろいろな逸話を見つけることができますね!

それを見るたびにどうすればこうなれるんだろうって思ったりします。。

 

ここで一例になるのですが、一番気になったこれが天職なのかな?と感じた人をご紹介させていただきたいと思います○

以前お金のなる気分で登場していた軒先.comというサイトを作った西浦明子さんのお話です○

 

西浦さんは上智大学出身でもともとソニーの海外勤務をされており

All About Japan→ソニーコンピューターエンターテイメントなどの大手企業で

お仕事をされていましたが出産を機に仕事を退職されたらしく。

出産後に仕事をするにしても子育てなどがありフルタイム勤務は難しかったらしいです。

 

しかしそんな時に目に入ったのが店舗の店先にある何も利用されていない隙間のスペース。

何もないのにだだっ広く横たわっているそのスペースを見て

売れるものはあるけれど売る場所がない人に提供できないか?」ということを考え

 

軒先.comという軒先を貸したい人と借りたい人とをマッチングさせるというビジネスを開始されたということです。

お店側は土地が余っているので貸せば賃貸料が入る、

ちょっとのスペースだけ借りて商売をしたい会社は、そこだけ借りて

余分な賃貸料はかからない

 

必要としてる人だらけのwinwinの関係を構築できた西浦さんのアイデアは

起業アイディアの賞をいくつもとるほど評価されました○

 

とらえ方は人によって違うと思いますが

僕はこれを見た時、

人に必要とされることをして周りの人が喜んでくれた時が天職してる!

と感じることができるときじゃないかな?と思いました〇

 

自分の好きなこと×人の笑顔が多いところ=天職だと感じる

天職つきたい!といって仮に詐欺師が天職だったとすると「いやだ!!」ってなりますしすごく悲しいですよね??

でも仮に人をだますではなく魅了する力があなたにあり、

あなたが魅了した際に笑顔が周りに多いなと感じるものがあったとしたら

 

あなたは詐欺師のほうが実力は上ですが、

笑顔が多いほうが周りも、特にあなたもうれしいのではないでしょうか?

 

そう考えると天職とは自分に何ができるかだけではなく

周りの人がいかに笑顔に、幸せに感じてくれてあなたを必要としてくれるか

というのが本当の意味であなたが探している天職なのではないかと思います○

 

それは得意分野という言い方もできますが

不器用でもその姿を見てあなたの周りに幸せ、笑顔にさせることができているのなら

そこから考え始めるのがいいのではないかと思われます。

 

まとめ

rapture_20170303182447

天職とはあなただけにしかわからないのかもしれません。

それは今現在まだ世の中に生まれていないものかもしれないし、

すでに先人がいるのでそのレールに乗ればいいのかもしれないです。

 

ですが見つける基準として言えるのは

「あなたがそれをするといかに周りの人の笑顔が増えるか」

という基準で選ぶことが重要なのではないかといえます○

Sponsored Link

rapture_20170303182737

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です