安永竜夫の経歴略歴wiki?三井物産社長の年収や名言とは?

rapture_20170606061038

Sponsored Link

今回は三井物産社長である安永竜夫さんががっちりマンデーに出演されるとのことで

経歴略歴32人抜きや企業社長の気になる年収名言について勉強してみたいと思います。

 

安永竜夫のwiki風な経歴や略歴

安永竜夫さんの画像

名前:安永竜夫(やすなが たつお)
生年月日:1960年12月13日(2017年で56歳)
出身地:愛媛県
学歴:愛光高校(愛媛)→東京大学工学部

経歴:
昭和58年4月 三井物産株式会社入社
平成20年5月 プロジェクト業務部長
平成22年7月 経営企画部長
平成25年4月 執行役員、機械・輸送システム本部長
平成27年4月 社長就任
平成27年6月 代表取締役兼社長

愛媛県出身で外見通り明るくおおらかな性格は

世界のトップにも一目信頼を置かれるらしく、

しかしその性格からは見えないタフネゴシエーター(手ごわい交渉人)と呼ばれる

粘り強い交渉力が注目され今回三井物産の社長として任命された一因ともいます!

 

 

愛媛の星ではありませんが、愛媛の中でトップの偏差値である74の愛光高校出身とのこと。

74といえば全国でトツプ5に入るほどの偏差値で、慶應義塾志木高校と同じレベルといわれていますね!

 

三井物産一筋34年。資源・プラント事業の「世界で武者修行」とは?

Sponsored Link

安永さんはその後東京大学工学部に進学し、新卒で三井物産に入社され、現在までなんと34年勤務ということで

物産一筋の安永さん!

現在は社長兼代表取締役として会社のすべてを担っているわけですが、

その道のりは三井物産が国内だけでなく、海外でも活躍できるステージを広げるために活躍をされてきたみたいです。

 

安永さんは入社後、「世界で武者修行」をさせられたらしく、

32歳の時に米国三井物ヒューストン支店に出向させられ、

さらに物産から初めて世界銀行の本部であるワシントンD.Cへの出向もされました。

 

ワシントンD.Cといえば今はトランプ大統領の政権ということで毎回大騒ぎですが

そんな街でお仕事の経験をされたということで、世界と渡り合える力の礎をここで築いたらしく

 

次は三井物産のプロジェクト開発部に回されたそうです!

プロジェクト開発部??って何するところ?

と思い調べてみると、

「物流・社会インフラを含む上記以外の事業分野や

他本部との協業でプロジェクト開発機能が期待される分野」

引用元:三井物産

ということで世界での社会基盤に着目したビジネスを展開されたらしく

 

「ロシアや中近東の国営石油会社と缶詰で徹夜の交渉を行い、30代の頃からプロジェクトマネージャーとして交渉団を仕切ってきた。
チームを率いて1対1の白兵戦で交渉できる修羅場経験がある」

引用元:東洋経済

 

中東といえばドバイとか、人生ゲームでいう石油王なんかが思い浮かびますが

そんな方たちと白兵戦を勝ち抜いてきたと報道陣の前でどっしりと発言をされたという安永さん

 

その成果のあかしとして現在三井物産では

  • 電力発電事業案件(米州・欧州・中東・アジア・太洋州)
  • マンサニージョLNGターミナル事業(メキシコ)
  • 大水深鉱区掘削船事業(ブラジルほか)
  • ガス配給事業(ブラジル・メキシコ)
  • FPSO保有・リース事業(ブラジルほか)
  • アトラテック水事業(メキシコほか)
  • ポーテック港湾ターミナル事業(タイ、インドネシア、アフリカほか)

という先進国から、新興国、発展途上国まで、事業内容も幅広く

世界規模で活躍されているのがプロジェクト開発部のお仕事みたいです!

 

世界の規模がでかすぎますが、

海外の起業家や実業家、大手企業とも円滑にコミュニケーションを取り

しっかりビジネスとして形にさせる力がある。

 

これが三井物産が安永さんを世界相手に武者修行させた意味と成果なのでしょうか??

 

安永竜夫社長の32人抜きとは?飯島会長の狙いと年齢

物産の知恵袋ともいわれている安永さんが現在社長として任命されて早2年

当時54歳という若さで大抜擢されたということなのですが、

それには前社長にして現会長に当たる飯島 彰己(いいじま まさみ)会長の考えかららしく。

 

実は飯島会長は安永社長を任命する前までは

三井物産で最年少社長就任という58歳で就任されていいたみたいです!

 

しかし、

「私も58歳で就任したが、6年経つと、体力気力がかなりキツくなる。
6年後の体力気力を、今と同じように維持できる人を選びたい」

引用元:東洋経済

ということからもちろん活躍抜群だったとは思いますが、

最終的な決め手は年齢の若さ

54歳でありながら人望や、人に好かれるオーラをまとっている安永社長が誕生したとのことですが

rapture_20170401112004

安永さんより上の人事の人の数はなんと32人ということで

32人抜き最年少社長が誕生したみたいです。

 

サッカーで11人抜きするようなレベルのミラクルが起きたということですね。

「組合の団交では時には顔を赤くして激論するなど、相手のことを慮るけれども、言うべきことは言う
あたたかい心の持ち主で決断力がある。社内外での人望が厚い」

引用元:東洋経済

しかし飯島会長も、社長就任時は周りの先輩にも助けられたということで

先輩社員の方たちの支えなども得られる人物だからこそ任命したみたいですね!

 

回りから応援される人物というのは周りのことをよく見ている人物ともいわれるので

生きていく上で参考にしたい生き方ですね(`・ω・´)

 

がっちりマンデー!に出演!年間収益5兆円のビジネススキームとは?

2017年4月2日にはがっちりマンデーで安永社長出演の三井物産の儲かる秘密が公開されるみたいです。

世界をまたにかけたインフラを意識したビジネススキームが公開される??

 

安永竜夫の年収は?4万7000人の大企業の平均年収もすごい?

現在社員数4万7000人と言われている三井物産さん。

社員さんの年収はなんと30歳直前で年収1000万円を超えることもざらで

さらに賞与などもある様子。

さらに40歳では2000万円くらいまでも行くと企業の中ではかなりの高額所得が見込まれ

正直入ってしっかり自分を磨いて成長していけば生活は裕福そうですね。。

 

そんな会社の社長なら年収とんでもないことになっているのでは??

と思い調べてみると正確な年収は出ていませんでした。。。

 

しかし前社長の飯島会長の年収が2015年の時には1億3700万円ということで

普通の社員の10倍くらいだったみたいです。

ということは安永さんの年収も同じくらいの1億1000万円くらいではないかと思われます。

 

社長といってもやはり会社員でありサラリーマンですので、

普通の社員の偏りはもらっていらっしゃるみたいですが、

 

創業者の方みたいに給料を決められるわけではないというのがわかりますね!

でも1億円もらっていれば生活は安泰ですね!

 

安永竜夫社長の名言や三井物産の社訓から学ぶ!

360°business innovation.

という社訓を掲げている安永社長率いる三井物産。

ビジネスにおいて全方位で改革を行うというその挑戦する勢いは6年後もさらなる進化と成長を続けていける

シンボルとして掲げられています。

 

そんな大企業をまとめ、引っ張っていかれる社長はどんなことを思い、それを実現していくのか

名言的なものから見てみましょう。

 

素振りだけではなく、空振りしてもいいから打席に立ってバットを振ってこい。

練習練習また練習。。

たしかにいつの日かに向けて練習するのもいいですがそれだけではやはりモチベーションも上がらないし

世界も広がらない。。。

そんなことより実践あるのみ!

安永社長が世界で戦えるネゴシエーション力を体得してきたのは現場で戦ってきたからですね!

 

大切なのは僕らが、若い人たちが挑戦する場をもっと増やし、個の力を伸ばしてあげること。

挑戦する場というのは自分からは選ばない人が多いですが、準備されたらやるしかないですよね??

しかし危険に合わせたくない。と保身してしまう回りの人からはもらえない

だからこそ会社はその挑戦していける環境を作ってあげなくては

今後衰退していくし、若い人の力が育たなくなってしまいますね!

 

 

収益基盤が資源エネルギーに偏ってきたことは否めない。だからこそ危機感を持ち、非資源の収益力を強化していく。

島国根性!というべきでしょうか??

日本の資源の少なさは有名ですが、やはりその状況で受け身にいては何も変わらない。

資源がないからこそできることというのがこれから世界で通用していくために必要でしょう。

 

現在だとクラウドや、WEB関係は本当に資源なくても求める方たちが多いので

国で取り組めば日本はこれからまた反映していくのではないでしょうか?

 

肉食系の国に行ったら、肉食系になる。

ミラーリング効果というのをご存知でしょうか??

育った環境で人は決まるやイケメンはイケメン、かわいい子はかわいい子同士でつるむなども同じで

類は友を呼ぶということで、

もし自分が変わりたいと思ったらその環境に身を置くこと

その状況にどっぷりつかることがまず成功の秘訣といわれていますね!

 

まとめ

今回は三井物産の最年少社長である安永竜夫社長についてご紹介させていただきました!

世界をまたにかける人物像と、若くして会社を任されるその手腕もですが、

 

何事にも動じず進んでいけるそのメンタルこそ安永さんから学びたい最高の能力ですね。

まずは「その環境に自ら身を置く」というのから始めてみたいと思います!

Sponsored Link

rapture_20170606061038

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です