ユーチューバーなるには何が必要?道具や注意したいことまとめ

rapture_20161129205209

Sponsored Link

ユーチューバーに俺はなる!と決めた場合でも

必要な道具や注意しておかなければいけないことがあるのはご存知でしょうか??

今回はそんなユーチューバーの武器(必需品)やトラップ(注意したいこと)についてご紹介させていただきたいと思います○

ユーチューバーに必要な道具

ユーチューバーが子供たちの人気職業になっいる昨今

好きなことで生きていくというのは当たり前の感覚になりました!

しかし好きなことをするためにはまず準備が必要です○

実際ユーチューバーになるには何を準備すればいいのでしょうか??

道具を買う前にユーチューバーになるには?

Sponsored Link

動画の題材によって動画を撮る武器(撮影機材)は違ってくるもの○

しかもユーチューバーになりたくてわざわざ道具を買う人もいるくらいです。。

しかしその前に肝心なことを忘れています(-_-メ)

それは「心構えです」

ユーチューバーになるからにはみんな人気ものになる!ということを目指して頑張り

それに応じて報酬は決まります○

でもそれには下積みという名の動画投稿をひたすら地道に続けなくてはいけません。

イベントやゲーム実況などもありますが基本的にみなさん動画の投稿数に応じて成長していきます。

なので道具を買う前に

毎回決まった時間に1日1本ないし2日に1本は動画を投稿する」ということだけは心に決心をして挑んでください○

それをしなければ道具はガラクタになり、投稿は時間の無駄になります(T_T)

必要な武器(道具)商品レビューや行ってみた系

必要な武器としては作る動画のコンセプトによって違いますね!

ですが動画なので、ビデオカメラ、ないしiPhoneなどの動画編集が楽にできるスマホが必需品です○

その中でも重宝されるのはカメラ機能+写真撮影機能がついているものですね○

Youtubeは動画だけというサイトではなく、写真をスクリーンショットにして紹介する動画などでも人気のものもあるので

方向転換するときに新しく何かを買わなくて済みます。

バイリンガールさんはパナソニックのLumix GH4というミラーレス一眼を使用しているみたいで動画、カメラ両方いけるみたいです○


また外で撮影する場合は自撮り棒(OKなんだっけ??)なんてあるとみんなで撮影するときにいいですよね。

ただ自撮り棒は自撮りテクニックはつきにくいので、自撮りスキルをアップしたい時はスマホだけで写真撮影するほうがいいかもしれませんね(*’ω’*)

あと部屋の中で撮影するとなると三脚があるのとないのでは撮影角度がと見栄えが全然違うので要注意が必要です○

ビートボックスや歌ってみた系の道具

何を隠そう日本Youtubeが広く知れ渡った経緯として、人間楽器といわれるビートボックスが先駆けでしたね○

というかユーチューバーの神髄は自分のできることを動画に乗せて人が広めることですから

王道中の王道ですねw

ヒカキンさんとDaichさんが走りのような気がしますが、二人はもともとそのテクニック(音域は違うのでセッションするといい感じ)

自分の特技を芸術として発信することで海外のYoutubeアワードを取ったりテレビの収録に呼ばれたりなどなど

楽しいけど努力の力が見れるこのビートボックスや歌ってみたのハイクオリティの動画などは見入ってしまいますよね??

この系統の動画でまだ誰も着目していないジャンルがあるのですがそれはまだ秘密ですw

そんな彼らの必需品である音声のクオリティのための編集道具が撮影道具にプラスして必要ですね!

Daichiさんはこんな道具で撮影されているみたいです○

やはりMacなのか。。。

ブレスガードやマイク、イヤホンなど、本格的なスタジオのようなセッティングになっていますね!

どんな動画を作ると人気が出るか?

動画を作るならぜひとも人気は出てほしい。。そんなときの題材選びはどうすればいいのでしょうか?

作り方としては2つあります。

1つは人気が出やすい商品レビューややってみたの動画を作る

そしてもう一つは特技や知識を披露する

この2つが動画作成の際には重要な要素になりますね○

これを見てわかると思うのですが、どうしてもライバルが多いのが1の商品レビューややってみた系ですね!

これはどんな人でもやろうと思えばできるので激戦区だし、1回火がついてもすぐ沈下する可能性があるものです

かわいい、かっこいい、笑える、若い、なんだかわからないけど受けるなどの要素だけで一発屋の芸人的要素が大きいです○

ですのでどちらかといえば2つ目の「特技、知識を披露する」がお勧めの動画作成ジャンルになります○

これに関してはできるものにもよりますが、ライバルが少なく、特技や知識系になるので

ファンになってくれた人が離れないでついてきてくれる傾向が強いからです○

というより、現在生き残っているユーチューバーはほとんどこれから始めた人が多いし

ユーチューブからテレビや、そのほかのイベントなどのコラボレーションで将来性が非常に高いです○

詳しくはこちらの記事で人気動画のジャンル選定などご紹介させていただいておりますので学んでみてください(*’ω’*)

人気ユーチューバーになるには?動画の題材の探し方!

注意したいこと

ユーチューバーになる際にどうしても注意したいことの一つとしては、

顔出し動画だと身元がばれてしまったり、家の近所で撮影などをしていると住所割れがしてしまうところです(-_-メ)

これだけはどうしても注意してください○

そしてもう一つは著作権問題です。

商標登録されていて著作権が発生している商品などは特に注意したいところ、

これに引っかかりやすいのがアニメのパロディとかTVの映像を利用している動画になります。

この二つは「NO MOER!」「それ」、違法です」

というCMも流れているくらい注意が促されているものなので気を配っておきましょう○

 

まとめ

今回はユーチューバーに必要な機材や注意点についてご紹介させていただきました○

ユーチューバー一般の人が一番芸能人、タレントの活動に近づけるものになりつつあります。

まだ世間が注目していない、眠れるあなたの才能を多くの人に届けてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

rapture_20161129205209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です