与沢翼の現在の年収や経歴2018!嫁やツイッターの名言が金言だらけ

与沢翼

Sponsored Link

ネオヒルズ族ということで秒速1億円という本を出版したことでも有名な与沢翼氏!

今回は与沢翼氏の現在年収や仕事、ドバイに移住してからの生活などについて改めてまとめてみました!

 

与沢翼の身長や現在のドバイでの生活は?

与沢翼

与沢翼(よざわ つばさ)
本名:與澤 翼
誕生日:1982年11月11日(35歳)
出身:埼玉県秩父市
身長:167cm
体重:89.8kg
学歴:早稲田大学社会科学部
職業:実業家

身長は170cmぎりぎりないですが、やることなすことがぶっ飛んでいる与沢翼さん。

現在35歳ですが、29歳のころに現在の情報商材を販売するビジネスのオプトインアフィリエイトからスタートし、自社教材を販売。

その後フリーエージェントスタイルという会社を作って倒産をしましたね!

現在はドバイに移住をしてデイトレードや、カブ、FX、不動産投資などで生活をしている、いわゆる投資家になったみたいです。

現在はあーたんこと奥様の相原麻美さんと子供の麗ちゃんとの3人暮らしということですが、

麗ちゃんがどんな大人になるのかなど気になりますねw

 

与沢翼の年収がすごい理由とは?投資で成功した考え方

投資家といえば在宅ワークでずっとモニターを眺めている印象ですが、

与沢さんはフリーエージェントスタイル破産後に西新宿のマンションで投資の勉強をスタートし、

シンガポール→ドバイと渡り、

現在では資産総額25億円越え

所持物件数24件と六本木にいた頃よりもさらに大きくなっているみたいです。

 

成功者は破産しても復活するといいますが、

与沢さんはわかれば永遠にお金に困ることはないといわれる投資をしました。

 

確かに法則も大事ですが、すべては考え方次第という言葉もあります。

与沢さんの考え方がわかる動画がありましたので見てみましょう。

あなたも億り人になれる??

 

与沢さんの乗っている車

お金持ちといえば家もですが、注目したいのはやはり車。

与沢さんは学生のころ、バイトやビジネスを掛け持ちして現金700万円を手にセルシオを購入したり、バイクを貸すビジネスをしていたこともあるためもともとモータースポーツ系は好きなのだと思います。

 

そんな与沢さんが現在所持している車がs

  • ロールスロイスゴースト シリーズ2 4000万円
  • フェラーリ488スパイダー 4000万円

の2台を所持しているらしくドバイで乗りこなしているとのこと。

ロールスロイスに関しては日本でも現金一括で購入をしている映像などが昔出ていましたね。

1台で家1個分の値段もする車を複数台もって街を走るってどんな生活なのでしょうか?

 

与沢翼の経歴?倒産した理由は起業したら誰にでも起こる原因

秒速で1億を稼ぐと唄っていたネオヒルズ族時代より、今のほうが本当に秒速で1億以上稼げてしまいそうな与沢さん!

そんな与沢さんの経歴はどういったものだったのでしょうか?

 

実家は秩父で旅館を経営していて、子供のころからお手伝いをしていたため働いてお金を得るという感覚を養われたようです。

中学生のころから転売ビジネスを行っていました。

 

中学生なので資金は実家の手伝いで稼いだお金でスタートし、月10万円以上、多いときで3桁を超えるお金を持っていたため、

欲しいものは自分で買っていたみたいですね!

すでにビジネスマンとしてのマインドを持っていました。

 

高校に入学するもわずか3日で自主退学をして暴走族をしていたこともあり逮捕歴もあります。

しかしそこからある出来事をきっかけにすっぱり暴走族を引退し、大学受験を志します。

高校遊びつくしていたこともあり、初めはアルファベットもわからない状態で始めた勉強ですが1日19時間勉強の猛勉強の末、早稲田大学に合格します。
大学では弁護士をめざしますが、元ヒルズ族のホリエモンこと堀江貴文さんに影響され、

中学生のころのビジネス嗅覚が再び復活し、大学外の時間を起業クラブサークルを立ちあげて

アパレル通販サイトEs Luxoure(エスラグジュール)株式会社を設立します。

 

創業4か月で月商300万円を達成させることに成功しましたが、

黒字倒産化はわかりませんが、よくある資金ショートの為1度は合計400万円の借金を消費者金融から借りることになります。

赤字になってしまった会社からは仲間も去ってしまい一人で会社を続けること1年で月商1000万円まで回復を遂げます。

ついに上場をするという準備の段階でミスをしてしまい1億5000万円もの借金を負い2011年8月に倒産。手元には10数万円と会社運営をしていた時代のノウハウだけになります。

しかしここから始めたのが

普通の人なら死を覚悟する状況ですが、ここで与沢さんが目を付けたのがアフィリエイトにて起業手法を売るということです。

 

与沢翼が最短で億を稼いだ方法【アフィリエイト】

当時最強のアフィリエイターだった世界を旅するアフィリエイターこと川島和正さんのメルマガ内で自分のメルマガを紹介してほしいとお願いします。
このとき川島さんはメルマガで紹介する代わりにメルマガ登録がされたら1件600円の報酬をもらえるように言います。

→川島さんに与沢さんが行ったオプトインアフィリエイトとは?(作成中)

この条件をのんだ与沢さんは川島さんのメルマガから7万人の読者を獲得することに成功します。

この7万人が武器となり情報商材の販売や、自分の起業ノウハウなどを販売したことで利益を上げて

わずか倒産4か月後には借金や川島さんへの支払いを終わらせてしまいます。

 

ネオヒルズ族【与沢翼】誕生

秒速1億円が代名詞になったのが、借金からの復活や川島さんのメルマガを活用した復活方法などを情報商材として販売した、与沢塾でした。

スピード感やお金への考え方などを本にまとめたことで知名度も上げ、ついにネオヒルズ族になったのがこの時ですね。

ついに情報商材系の販売を行う株式会社Free Agent Style Holdingsが誕生します。

六本木ヒルズのレジデンスに住んでいました。

 

2度目の破産・原因は稼ぎすぎ

一攫千金で稼ぎたいとギャンブルをやる人もいますが、ビジネスで稼げる人もいます。

与沢さんが破産した理由も、前年度稼ぎすぎの翌年の税金滞納が原因でした。

安定して稼げるのが一番いいですが、お金のために働いてしまうといきなり稼げますが、結局次の年に国に潰されてしまいます。

正直会社経営が失敗したというか日本にあったから税金で押しつぶされたということが正解ですかねw

こんな単純な理由ではないかもしれませんが、与沢さんが海外に行った理由も何となくわかります。

 

与沢翼の名言はブログやツイッターにあり!成功のためのアイデアとは?

与沢さんはネオヒルズ族や現在の投資家という生活の中で後輩を育てるためにたくさんの弟子を育てていました。

今回は与沢さんがなぜ何度失敗しても成功するのかなどの秘密を垣間見えるものがありましたので見てみましょう!

 

超シンプルなので、覚えて下さい。成功する人は、楽しんでいるんです。対象が何であれ、面白がっています。by与沢翼ブログ

何かに熱中するのって結局楽しいからというのが一番大きいです。

楽しいからこそ人は熱中する。

 

ギャンブルやお酒も、はじめに大勝したリ、飲んだ後に女性といい想いができたからなど

幸せなことがあったことが原因ではまりますよね?

 

成功したことで大金を手に入れたことがある人はまたそれを手に入れようと夢中になるからこそ手に入るみたいです。

成功したければ好きなもので起業しろというのは、成功は好きなことでしかできないということなのかもしれません。

 

成功に必要なのは、小さな結果 by与沢翼ブログ

大きな成功をつかむためには小さな成功が必要といわれることはありませんか?

それは大きな成功だけを追っていると結果が出なさ過ぎて体力切れで諦めてしまうからです。

小さな成功をいかに早くつかむかが結局大きな成功をつかむためのカギみたいです。

 

リスク取ったやつの中から勝つやつが出てくる

リスクってやっぱりないほうがいいじゃないですか?

でもリスクがないと楽しめなくない。

好きな人に告白、パチンコ、バンジージャンプなどなど。。。

リスクがあるときに成功した事って楽しいし、うれしくなりますし、自慢したくなりますよね?(誰も体験したことのない自伝になるw)

 

ペンギンの世界にもファーストペンギンという言葉がありますね!

ペンギンもシャチに襲われるという危険を冒して海に行かないと餌をとれない。

最初に飛び込めば魚をたくさん食べることができるのに、「もしシャチがいたら。。。」と考えてしまい誰かが行くまで飛び込むことができません。

成功するためには海へ最初に飛び込めるペンギンにになれるかどうかですね!

 

まとめ

今回は与沢翼さんについて調べてみました!

1度成功した人は何度でも成功できる。この言葉に与沢さんは本当に当てはまる人物ではないかと思われます。

しかしここまで激しい人生を送りたくないので、先人に学んで起業やビジネスはいろいろ考えたいですね!

個人的には何事もインフラに触れたビジネスが最強だと信じているので、でっかくやるならどこかの国のインフラに触れられるものがいいですかね~。。。

Sponsored Link

与沢翼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です